ほうら、また、北朝鮮に怒られた~! 八方美人の韓国

ほうら、また、北朝鮮に怒られた~! 八方美人の韓国

  • Global News Asia
  • 更新日:2020/09/17
No image

韓国のイメージ

No image

韓国のイメージ

2020年9月、韓国は、今年はさほど騒がずに、GSOMIA破棄を言い出さなかった。これにつて、北朝鮮メディアは、なにも話さない韓国政府に対して「民族の志向と意志に対する露骨な裏切り行為」と報道した。

昨年のようにギリギリで、いかにもアメリカになだめられたように、破棄を破棄した韓国。毎年そういうわけにもいかず、勢いのいい発言で日本に減らず口を叩くだけで、今年は、一切具体的な政策をまだ示していない。まあ、11月24日ぎりぎり、北朝鮮に怒られたを理由に突然変わり身を選択するかもしれない。

それでいいのだ。日本もアメリカもなにも困らない。破棄したとしても、片思い中の北朝鮮から色よい返事が返ってくるわけではなく、国際的孤児になり、もともとない信用が、もっとマイナスになくなるだけだ。韓国は、それを希望するのだから、どの国も助けなくて大丈夫だ。

「北朝鮮の核とミサイルと関連した軍事秘密共有を反映した軍事協定として、きわめて売国的な性格を持っている」と北朝鮮は主張する。

北朝鮮に怒られては、文在寅の立場はまったくなくなってしまう。米(古米だが)を送っても金(はした金)を送っても、愛する人には振り向いてはもらえない。日本にだけ威勢のいいことを言うが、他国には嫌われたくない韓国。

さあさあ、北朝鮮に好かれるように、同胞なんだから、その意見に従ったほうが、よくないですか?

編集:fa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加