熊本のベンジャミン・ローソンが負傷...アキレス腱部分損傷と診断

熊本のベンジャミン・ローソンが負傷...アキレス腱部分損傷と診断

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/11/25
No image

アキレス腱部分損傷と診断されたローソン[写真]=B.LEAGUE

熊本ヴォルターズは25日、ベンジャミン・ローソンが負傷し、アキレス腱部分損傷と診断されたと発表した。

イギリス出身で現在27歳の同選手は、216センチ118キロのパワーフォワード兼センター。2018年にライジングゼファー福岡へ入団し、ファイティングイーグルス名古屋や京都ハンナリーズを経て2021年に熊本へ加入した。

在籍2年目の今シーズンは14試合に先発出場。1試合平均27分14秒10.2得点10.1リバウンド、2.2ブロックを記録していた。

熊本は現在9勝6敗で西地区4位。11月28、29日にアウェーで福岡と対戦する。

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加