アニサキス...深夜に男性腹痛、刺し身を食べて 男性が保健所に通報、魚介類販売・飲食店を営業停止に

アニサキス...深夜に男性腹痛、刺し身を食べて 男性が保健所に通報、魚介類販売・飲食店を営業停止に

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2022/08/06
No image

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

埼玉県さいたま市は5日、大宮区錦町の魚介類販売店・飲食店「魚力」で、アニサキスによる食中毒が発生したとして、食品衛生法に基づき、5日の1日間、生食用鮮魚介類の調理と提供の範囲で営業停止処分にしたと発表した。

市食品・医薬品安全課によると、20代男性が7月31日午後8時ごろ、同店で購入した刺し身を食べて、翌日午前1時ごろ、腹痛を発症した。男性が食べた魚介類が同店の調理品に限られ、アニサキスが摘出されたことなどから、食中毒と判断した。受診した男性が3日、市保健所に通報した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加