4機種すべてが5G対応!注目の「iPhone 12」が登場したアップルの新商品発表会を5分でおさらい

4機種すべてが5G対応!注目の「iPhone 12」が登場したアップルの新商品発表会を5分でおさらい

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/16
No image

2020年10月14日午前2時(日本時間)、多くの人が待ちに待ったiPhoneの最新モデル「iPhone 12」を含む新製品の発表イベントがオンラインで開催されました。

発表イベントでは、iPhone 12シリーズの性能や価格、発売日に加え、最新のスマートスピーカーも紹介されています。ではさっそく、発表会内で紹介された新製品をサラッとおさらいしていきましょう。

新型「iPhone」は4モデル全てが5G対応!

まずは、新登場したiPhone 12シリーズから紹介していきます。

No image

シリーズは、iPhone 12に加え「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4モデルで、全ての端末が5G通信に対応しています。

四角いボディが復活したiPhone 12、世界最薄・最軽量5GスマホiPhone 12 mini

No image

iPhone 12とiPhone 12 miniは、本体サイズ以外はほぼ同じ性能となっています。ディスプレイには有機ELパネルが採用され、iPhone 12が6.1インチ、miniが5.4インチとなっています。miniは、現在発売されている5G対応スマートフォンの中では、最も薄く、軽い設計になっています。

No image

ディスプレイ解像度は2532×1170(iPhone 12 miniは2340×1080)とかなり高く、鮮明な映像にも期待ができます。5G通信は、4G通信よりもバッテリーを消費しやすいという弱点がありますが、iPhone 12/12 miniでは、状況に応じて自動的に5G通信を行うのか、LTE通信を行うのかを切り替えてくれるため、バッテリー持ちにも期待ができますね。

No image

また、本体のデザインも大きく変わりました。変わったというよりは“戻った”という表現が正しいのかもしれませんが、ディスプレイと背面をつなぐ側面部分が角ばったデザインとなっています。握り心地を考え、湾曲させたデザインのスマートフォンが多い昨今ですが、iPhone 12でも本体サイズはそこまで大きくないので、持ちにくさはあまりないかもしれません。

No image

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5色となっています。ストレージ容量は64GB、128GB、256GBから選択可能。IP68等級の防水・防塵性能を備えており、最大水深6メートルで最大30分間耐えられるほどとのことです。

No image

特に注目なのが、MagSafeという、無線充電にマグネットを追加し、ワイヤレス充電でも最大15Wの急速充電に対応した点です。マグネットを本体背面にペタっと貼り付けるだけで充電が開始になるので、手軽さも向上していそうです。対応ケースであれば、ケースを装着している上からもワイヤレス充電ができます。

7枚構成のレンズ搭載のiPhone 12 Pro、iPhone史上最大のiPhone 12 Pro Max

iPhoneシリーズの上位モデルともいえるProシリーズにも、2モデルが登場しました。iPhone 12/12 miniとの主な違いはディスプレイサイズとカメラ性能です。

No image

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxには、LiDARスキャナ(3Dセンサー)というものが搭載されています。その名の通り、周囲のものを立体的にスキャンできるセンサーで、iPhone上で家具を動かしてみたりといった体験ができるようになります。

No image

カメラレンズは、超広角・望遠・広角のトリプルレンズで、いずれも12MPとなっています。前モデルであるiPhone 11 Proから進化したのは、レンズが7枚構成になった点で、これによっておよそ27%も多く光を取り込めるようになります。

iPhone 12 Pro Maxでは、イメージセンサーが大型化したのに加え、センサーシフト光学式という手振れ補正機能が搭載されています。また、望遠レンズの焦点距離が52㎜から65㎜に伸びたことで、被写体をより大きく映すポートレート撮影も可能になりました。

No image

iPhone 12 Proは6.1インチディスプレイ、Pro MaxはiPhone史上最大となる6.7インチが搭載されます。iPhone 12 Proの解像度は2532×1170、Pro Maxは2778×1284となっています。近年流行している大画面ディスプレイをiPhoneで楽しめるのは嬉しいポイントですね。

No image

カラーバリエーションはグラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色となっています。ストレージは128GB、256GB、512GBがそれぞれ用意されています。

iPhone 12シリーズの気になる価格と発売日は?

iPhone 12とiPhone 12 Proが、10月16日の予約開始、10月23日の発売開始となっています。iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月6日予約開始、11月13日の発売開始となっています。価格はiPhone 12が8万5800円(税別)から、iPhone 12 miniが7万4800円(税別)から、iPhone 12 Proは10万6800円(税別)から、iPhone 12 Pro Maxが11万7800円(税別)からとなっています。

家庭用スピーカー「HomePod mini」も登場

iPhoneのほかに、家庭用のスマートスピーカー「HomePod mini」も紹介されました。11月6日からの注文開始で、11月16日の週から発売開始、1万800円(税別)となっています。

No image

球体のような見た目のHomePod miniは、小さい音量での再生時に、低音・高音を補正する機能や、ダイナミックレンジ補正の機能が搭載された、音質にこだわられた製品です。これらの機能は、専用チップ・ソフトウエアが連携し、音楽の再生中にその楽曲に合わせた特性を分析し、補正するとのこと。

No image

もちろん、スマートスピーカーらしく、「ヘイ、Siri」などの音声入力に対応し、返答してくれる機能も搭載されています。複数のHomePod miniを用意すれば、音声入力したワードをそのままほかのスピーカーから出力できるので、別の部屋にいる家族に呼びかけるといった使い方も可能になっています。

取材・文/佐藤文彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加