ゲームへの没入感を再考察するRazerのゲーミングチェアコンセプト(見てるだけでワクワクする) #CES2021

ゲームへの没入感を再考察するRazerのゲーミングチェアコンセプト(見てるだけでワクワクする) #CES2021

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/01/14
No image

Screenshot: Razer

Razerらしいコンセプト。

CES 2021にて、Razerがゲーミングチェア「Project Brooklyn」を発表。こちら、次世代ゲームイマージョンを考えるコンセプト企画となっています。

Razerがゲームへの没入感を追求してデザインしたゲーミングチェアは、椅子の目の前に装着された60インチのOLEDロールディスプレイが目を惹きます。動画見るとわかりますが、背もたれからニョキっとポールがでてディスプレイを表示する様は、どことなく愛嬌がありますね。

アーム部分には収納できるテーブルが搭載されており、ゲームの必要に応じてマウス、キーボード、またはゲーム機の置き場所に。椅子全体にハプティックモジュールを内蔵し、ゲームのいろいろな動きや衝撃を全身で感じることができます。長時間プレイしても体に負担がかからないよう、幅広い体型にフィットする高密度フォームクッションを採用、椅子のバックフレームはカーボンファイバー。ゲーミングチェアですから、ゲーマーが好むカラーリングとライティングは必須。ブラックの椅子にはRazer Chroma RGB付きで、お好きなように光のエフェクトを設定できます。

まさにゲーマーのための椅子! コンセプト企画なだけあって夢を詰め込み放題ですね。これ考えるの楽しかっただろうな。Razerはあらゆる方向からゲーマーをサポートしているので、そのうち本当に夢のゲームチェアを実現させそうで期待しかない。ちなみにProject Brooklynほどの夢は詰まっていませんが、RazerはIskurというゲーミングチェアをすでに展開しています。

Source:Razer

そうこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加