建築家・隈研吾氏の設計によるアロマ体験施設「AEAJグリーンテラス」が原宿に誕生

建築家・隈研吾氏の設計によるアロマ体験施設「AEAJグリーンテラス」が原宿に誕生

  • マイナビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

日本アロマ環境協会は、アロマテラピーの魅力をより多くの人に体感してもらい、香り豊かな「アロマ環境」を守るための情報発信を行う基幹施設として、東京・原宿に「AEAJグリーンテラス」を2月1日よりオープンする。

愛猫と泊まれる客室がハイアット リージェンシー 大阪に登場! 大型キャットタワーや猫用ベッド、猫用の食事も

国産ヒノキの組積構造が印象的な空間は、建築家 隈研吾氏によるもの。植物の恵みである精油がもつ力と可能性を、さまざまなコンテンツを通して紹介する。

世界中の精油の香りが試せる「アロマラボラトリー」は、約300種類にわたる世界中の精油の香りを試せるコーナー。なかなか手に入らない、希少な精油も。一部の試香紙は持ち帰ることもできる。

「アロマライブラリー」では、アロマ・植物・環境に関する貴重な書籍を閲覧することができる。アロマテラピーを軸に、知識を広げられるコーナーとなっている。

ヒノキの香りでくつろげる「アロマラウンジ」は、オリジナルのボタニカルティーを楽しみながら、ゆったりと過ごせるスペース。

「精油ビン回収ボックス」は、精油を使用したあとの空きビンをリサイクル原料として活用するため、精油ビン回収ボックス「AEAJ Recycling Box」を設置。誰でも不要になった精油ビンを持ちこめる。

「アロマコリドー」は、エントランスに続く小道に精油の原料植物となる香りある植物をはじめ、花や果実のある植物を植えることにより、鳥や蝶など多様な生物が集まるスペースとなることを目指した。合計43種の植物を植えている。

常設のアロマラボラトリーやアロマライブラリーのほか、今後はオリジナルフレグランス作りが楽しめる「Aroma Bar」や、アロマクラフト作り、植物を育む自然環境について学ぶワークショップなどを実施予定。

「AEAJグリーンテラス(公益社団法人 日本アロマ環境協会拠点施設)」は、火~土曜日の13:00~18:00に開館(日・月・祝休)。「AEAJグリーンテラス 特設サイト」より来館予約が必要。料金は、一般が500円、AEAJ会員・18歳未満・障がい者手帳を持つ人は無料。

安藤深月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加