石川佳純、2回戦をストレートで快勝 自身今大会初戦も仕上がり上々<世界卓球2021>

石川佳純、2回戦をストレートで快勝 自身今大会初戦も仕上がり上々<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間24日、世界選手権は2日目を迎え、女子シングルス2回戦に石川佳純(全農)が登場し、ゲームカウント4-0で3回戦進出を決めた。

石川佳純が初戦に臨んだ

1回戦はシードだった石川は、この試合が今大会の初戦。Ayhika MUKHERJEE(イタリア)を相手に、緊張感の見える1ゲーム目はデュースにもつれ込むも、しっかりと逆転で制し先取。硬さのとれた石川は、2ゲーム目以降は持ち味の両ハンドが炸裂し、得点を重ねる。最後までつけ入る隙を与えなかった石川が、ゲームカウント4-0で3回戦進出を決めた。

No image

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

勝利した石川は3回戦でマルガリタ・ペソツカ(ウクライナ)と対戦する。

女子シングルス2回戦

No image

写真:Ayhika MUKHERJEE(イタリア)/撮影:ラリーズ編集部

〇石川佳純 4-0 Ayhika MUKHERJEE(イタリア)
14-12/11-5/11-4/11-7

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加