不倫をやめてわかったこと #3「別れなければ気づかなかった女性」

不倫をやめてわかったこと #3「別れなければ気づかなかった女性」

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2020/10/16
No image

既婚者と肉体関係を持つ不倫。

相手がいるときは大変だったり幸せだったり、いろいろあったけれど、やめたからこそわかることもあります。

不倫経験のある男女に、不倫をやめてどんなことを実感したのか聞いてみました。

「男友達と不倫していましたが、相手の家庭がうまくいっていなくて、特に罪悪感などなく楽しんでいました。

友人たちにも不倫していることは話していて、『やめたほうがいいって』と言われたけど気にしていなくて。

でも、みんなが「この間彼氏と久しぶりに旅行に行って」とか『やっと結婚できそう』とか話すのを聞いていると、その中に入れない自分がいるんですよね。

“ああ、不倫だから普通のカップルみたいなことができないんだな”と思うと、何のために彼といるのかだんだんわからなくなってきました。

彼は、不仲だけど奥さんと離婚する気はないし、有名なお店に食事に行きたいと思っても『誰かに見られたら困るだろ』と断られるし、好きでも満足な交際はできないんですよね。

そんなモヤモヤが続いて彼とは結局別れてしまい、次に好きになったのは独身の男性。

休日に連絡を取り合ってデートができたり、『次はあそこに行ってみよう』って約束ができたり、“普通の恋愛”ってこんなに自由なんだと改めてわかりました。

不倫の彼とはできなかった『お互いの気持ちを素直に伝えあえること』が幸せで、これが正常なんだなと今は不倫していたことを後悔しています」(33歳/営業)

「不倫だけど幸せな恋愛をしている」と思う男女もいますが、現実では独身同士のカップルと同じようなお付き合いはできず、先のことはわからず、本当に満たされているのかといえばうなずけない人もいます。

“普通の恋愛”は、そんな縛りがない、「これからも一緒に過ごしたい」という素直な思いを大切にできる交際ができます。

別れたからこそ、その大切さに改めて気がつくのですね。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加