呉市で給食に異物混入相次ぐ 「いり卯の花」に金属片 児童に健康被害なし

呉市で給食に異物混入相次ぐ 「いり卯の花」に金属片 児童に健康被害なし

  • 広島ニュースTSS
  • 更新日:2022/11/25
No image

TSSテレビ新広島

呉市の小学校で給食に針金状の金属片が入っていたことがわかり、市が混入した原因を調べています。

呉市によりますと24日、市立広小学校で給食に出された「いり卯の花」を食べた4年生の児童が金属片が入っているのに気が付きました。

混入していた金属片は数ミリの針金状のもので児童は口に入れてすぐ気が付き、吐き出したため、健康被害は訴えていないということです。

給食は小学校内の調理場で作られたものでしたが、緊急点検を行った結果、調理器具などからの混入はないものとみられ、市は食材など混入経路を調べています。

呉市では22日に別の小学校で白ご飯の中にアルミ箔のような金属片が混入していましたが、原因が特定されていて今回の混入と関連はないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加