鈴木京香 ドラマ「共演NG」を通して「私たちの仕事は素敵な仕事。大変なことはあるけれど、“伝えたい”」

鈴木京香 ドラマ「共演NG」を通して「私たちの仕事は素敵な仕事。大変なことはあるけれど、“伝えたい”」

  • TOKYO FM
  • 更新日:2020/10/25
No image

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。10月のゲストには、女優の鈴木京香さんが登場。10月18日(日)の放送では、鈴木さんの出演ドラマ「共演NG」について語ったほか、自身にとっての“人生の1曲”を教えてもらいました。

◆鈴木京香「すごく伝わる作品になった」

鈴木さんは、10月26日(月)から放送スタートする秋元康さん(企画・原作)と主演・中井貴一さんのタッグが贈るドラマ「共演NG」(テレビ東京系)に、ヒロインの人気女優・大園瞳役で出演しています。

本作は、25年前に破局し“共演NG”だったはずが、あることをきっかけに共演することになった2人が繰り広げる大人向けのラブコメディ。中井さんと鈴木さんのほか、斎藤工さん、山口紗弥加さん、猫背椿さん、リリー・フランキーさん、里見浩太朗さんなど豪華俳優陣が名を連ねています。

撮影を振り返り、「すごく面白かった」と鈴木さん。自身の主戦場であるテレビ局やスタジオが舞台とあって「女優の役をやっているんですけど、その女優が役として(別の役を)演じている劇中劇があって、そのときは(演じる女優役を介して)違う役をやるというすごく複雑なことをやらなくちゃいけないから“大変!”って思いながらも、自分の職業を客観的に見られたし、すごく新鮮で楽しかった」と言います。

そして、「私たちの仕事って、本当に悲しい、つらいニュースがあると“大変な仕事なんじゃないか”“精神的にプレッシャーの多い仕事なんじゃないか”って見られがちかもしれない。でも、大の大人や夢を持った若者が一生懸命に打ち込む、とても素敵な仕事じゃないですか。

大変なことはあるけれど、“伝えたいな”と思っているので」としみじみ。さらには「いいドラマを作っている現場って、本当に素敵じゃないですか。スタッフみんなの頑張りとかもね、コメディですけど、すごく伝わる作品になったと思う」と手応えを語りました。

◆鈴木京香の“人生の1曲”は?

最後は、毎回、番組ゲストに挙げてもらっている“人生の1曲”のコーナー。

「モデルのキャンペーンガールに選ばれた発表会のときにかかっていた曲で、つらいときとか、考えごとをしているときとか、ホテルのBGMで流れていたり、ラジオで聴こえてきたりして、“あっ、またあの曲が聴こえてきた!”っていつも思う曲」と話し、鈴木さんがセレクトしたのはザ・ビートルズの「Across the Universe」。

そんな思い出深い大好きな曲だそうで、「要所要所に自然と聴こえてくるし、自分ももちろん大好きで、集中したいときとかによく聴いています。“自分の世界を誰も変えることはできない”って歌詞があって、自分の“人生の1曲”はこれだと思っています」と鈴木さん。楽曲のオンエアとともに、木村との3週にわたるトークを振り返り、「楽しかった~♪」ととびきりの笑顔を見せていました。

次回10月25日(日)の放送は、木村がリスナーからのメッセージに答えます。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月26日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加