セルティック、ポステコグルー監督経由の“日本パイプ”に英注目 「ほぼノーギャラで最高の選手たちを連れてきている」

セルティック、ポステコグルー監督経由の“日本パイプ”に英注目 「ほぼノーギャラで最高の選手たちを連れてきている」

  • Football ZONE WEB
  • 更新日:2022/01/14
No image

セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督【写真:Getty Images】

移籍金6.5億円で獲得した古橋が公式戦16ゴールと爆発

スコットランド1部セルティックは、今季開幕から冬の移籍市場までに4人の日本人選手を獲得しているが、英メディア「356football」では日本代表FW古橋亨梧の活躍を「プレミアリーグのクラブにとってのはした金で存在感を得た」とレポートしている。

セルティックは昨夏、J1横浜F・マリノスを率いていたアンジェ・ポステコグルー監督が就任。ヴィッセル神戸から日本代表FW古橋を獲得すると、加入直後から大ブレイクした。さらに冬の移籍市場では、川崎フロンターレからFW旗手怜央、ガンバ大阪からMF井手口陽介、横浜FMからFW前田大然を獲得している。

この一連の流れについて、記事では「ポステコグルー監督は日本の選手たちを知り尽くし、彼らのクオリティーを把握していて、やや控えめながら、ほぼノーギャラで最高の選手たちを連れてきている」と触れている。

「夏に古橋亨梧を460万ポンド(約6億5000万円)で獲得したことから始まった。この26歳の選手は、スコティッシュ・プレミアシップで26試合に出場して16得点し、素晴らしいサッカーを披露している。今シーズンの古橋は、プレミアリーグのクラブにとってのはした金で絶対的な存在感を示し、見る者を最も興奮させる選手の1人となった。もし本当にいい選手なら、もっと高くてもいいはずだ。セルティックは少なくとも、もう1シーズンは彼を手放したくないだろうが、もしプレミアリーグのクラブが購入を希望するなら当然、彼を売って巨額の利益を得ることに興味を持つはずだ」

460万ポンド、あるいは500万ユーロとも言われる、その時点での為替レートにもよるが6億円台の移籍金は当然ながらJリーグのクラブにとっても大金だが、指摘されるようにプレミアリーグのクラブが持つ資金力を考えれば、主力選手にはその10倍を超えるような金額が移籍金として支払われることもある。そう考えれば、古橋につく値段次第ではセルティックが大きな利益を得られるというのも現実的な話だろう。

前田、旗手、井手口が古橋に続いてブレイクすれば英クラブからオファー殺到か

また、レポートではさらに日本人3選手を獲得したことについて「この新トリオには約350万ポンド(4億9000万円)の費用がかかっている。これは(プレミアリーグなら)絶対的に小遣いレベルだ」としている。そのうえで、「セルティックはスコットランドの基準では大金持ちだが、プレミアリーグの基準ではゼロに等しいレベルだ。だから、掘り出し物を見つけて育成し、高額で売却することが彼らのビジネスモデルの一部になっている」とした。

現在、プレミアリーグには日本代表DF冨安健洋がアーセナル、日本代表MF南野拓実がリバプールでプレーしているが、いずれも欧州でキャリアを積んでからの移籍という共通点がある。それだけに「この3人の新人が、古橋亨梧のようにセルティックでインパクトを残せば怖くて自分では手を出せないイングランドのクラブからオファーが殺到することだろう」として、トライアルとしての意義も大きいとした。

かつて元日本代表MF中村俊輔(現・横浜FC)が所属してUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッドから伝説的なフリーキックを決め、リーグ優勝に導いたことからも日本人選手に対して好意的という見方もあるセルティックだが、ポステコグルー監督の就任によって新たに日本人選手が欧州でのキャリアをスタートする場所としての存在感を大きくすることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加