井上尚弥「あの勝ち方をしたら...興味わいた」ドネア再戦に前向き

井上尚弥「あの勝ち方をしたら...興味わいた」ドネア再戦に前向き

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/09
No image

19日の米ラスベガスの防衛戦に向け、渡米したWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥

ボクシングWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)が9日、米ラスベガスで19日(日本時間20日)に控える防衛戦(WBA5度目、IBF3度目)に向けて渡米した。挑戦者となるIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)を倒した後の展望について言及。バンタム級で4団体統一を目指している井上は、WBC王者となった5階級制覇王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)との再戦について口にした。

両者は19年11月、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズのバンタム級決勝で初対決。井上が11回にダウンを奪って判定勝ちしているが、5月29日に米国でドネアがWBC王者ノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)を撃破し、再戦をアピールしてきた経緯がある。以前は「ドネアとの再戦は必要ない」とのスタンスだった井上だが「でも、あの勝ち方をしたら、(再戦への)興味は湧いてきました。それに、4団体統一のために必要なベルトを持っているので、戦う意味ができたということですからね」と前向きな姿勢を示した。

本来なら20年4月に対戦予定だったWBO王者ジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)も含め、統一戦実現をアピールするためにも、今回はダスマリナスをキャンバスに沈め、あらためて世界に存在感を示す必要がある。井上は「今回の試合に対してのモチベーションは、その次の統一戦に向けたものでもあるわけで、だからこの試合に対するモチベーションは高いものがあります。ライバルたちに向けて、しっかりアピールできる試合をしてきます」と静かに燃えていた。

◆テレビ放送 井上尚弥-ダスマリナスのWBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は20日午前10時30分よりWOWOWプライムで生中継

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加