厚労省 ワクチン製造拠点視察 国内承認4種類目「ヌバキソビッド」 山口県光市

厚労省 ワクチン製造拠点視察 国内承認4種類目「ヌバキソビッド」 山口県光市

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/06/23
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

6月23日、後藤厚生労働大臣が山口県にある、新型コロナウイルスワクチンの製造施設を視察しました。

後藤茂之厚生労働大臣は、23日、山口県光市にある武田薬品の工場を訪れ新型コロナワクチンの製造過程を視察しました。

この施設では、アメリカのノババックス社から製造技術のライセンスを取得した、ワクチン「ヌバキソビッド」を2021年12月から製造しています。

「ヌバキソビッド」は国内で承認された4種類目のワクチンで、専用の冷蔵庫を必要としないことなどから幅広い活用が期待されています。

◆後藤茂之 厚労相

「ノババックス社の技術移転の中でも、具体的に作るという側になると、本当に現場の技術力、そして対応力が必要であることをよく分かった」

武田薬品は「高品質なワクチンを安定供給する責務を一層強く認識している」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加