「ナイフを持ったブリトニーが私を連れて立て籠もった」。妹ジェイミー・リンの暴露にブリトニー・スピアーズ激怒!

「ナイフを持ったブリトニーが私を連れて立て籠もった」。妹ジェイミー・リンの暴露にブリトニー・スピアーズ激怒!

  • SPUR
  • 更新日:2022/01/15

2021年、13年間続いていた父による成年後見制度が終了したブリトニー・スピアーズ(40)。しかし家族との確執は続いており、最近は妹ジェイミー・リン・スピアーズ(30)との論争が勃発。

No image

Photo:Getty Images

先日、2022年1月18日(現地時間)に刊行予定の自叙伝『Things I Should Have Said(原題)』のプロモーションのため、テレビ番組に出演したジェイミー・リン。過去に起こった姉ブリトニーとのトラブルについて語った。

1つ目は、コロナ禍の自主隔離中に起きた出来事。「ブリトニーから罵られたから、私は部屋を出ていった」「“私たちは家族でしょう。喧嘩なんかしたくない”って感じた。彼女が激怒している場面から、ただ逃げ出したかったの」と、ブリトニーと対立した日を振り返った。

するとその場にいたジェイミー・リンの娘であるマディー(13)が「その場をなだめようとした」そうで、「とても嫌だったわ。彼女は(当時)12歳で、そんなことをするべきじゃないもの」と語った。

No image

Photo:Getty Images

もう1つは、ジェイミー・リンが子どもの頃に、ブリトニーがナイフを持ってジェイミー・リンと部屋に立て籠ったという過去のエピソード。「私はその時まだ小さくて、とっても怖かった。騒いで事を大きくしたくなかったら、何もしなかった。彼女が(自分のしている行為を)全く怖がっていないことにも恐怖を感じた」と明かした。

No image

Photo:Getty Images

そんなジェイミー・リンの告白を受けて、ブリトニー本人が反論! Twitterで“立て篭り事件”はでっち上げであることを綴り、妹を批判した。

「ジェイミー・リン……おめでとう! あなたは低レベルな世界へ堕ちてしまったようね。あなたの前でナイフを持って歩き回ったことはないし、そんなことをしようとも思わない」「私があなたとナイフを見た唯一の記憶は、あなたがカボチャを切っていた時」「お願いだから、こんな狂った嘘をついて本を売ろうとするのはやめて」とバッサリ突き放した。

No image

Photo:Getty Images

実はこのバトルの前にも、同じような意見の相違が起こったばかり。ジェイミー・リンは別のテレビ番組で、ブリトニーの成年後見制度が始まった当時はまだ17歳で、状況を理解していなかったと説明。それでも「私はいつでも姉の一番のサポーター。彼女が助けを必要とすれば、いつだって手を貸した」と語った。

この時もブリトニーは、「妹は15年前、私の側にはいなかった。私を利用して自分の本を売る以外に、この話をする理由がある? 本気なの?」と反応し、ジェイミー・リンを批判していた。

1月18日に出版されるジェイミー・リンの自伝には、どんなことが書かれているのか。かつては大の仲良し姉妹として知られていたふたりの関係から、目が離せない。

>>「ブリトニー・スピアーズは今日から自由!」裁判所にファンが集結し、成年後見人制度終了を盛大に祝福

>>ブリトニー・スピアーズがクリスティーナ・アギレラを非難! 「嘘をついているのと同じ」と怒りを発信

>>「同じ悩みを抱える人にエールを!」鬱病、パニック障害などメンタルヘルスと闘うセレブたち

text : Mariko Peeling

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加