【川崎・全日本選抜】和田健、南関ワンツーで決勝へ「ラインから優勝者を出せるように」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

昨年のGPウイナー・和田健が今年最初のG1で決勝へ駒を進めた。準決10Rでは先行した深谷に続き南関ワンツー。「何もすることがなかった。作戦会議で深谷君は“どんな流れでも先行”と言ってくれた。本当に頼もしいね」と笑顔。

直前の奈良記念で落車負傷。決して体調は万全ではない。「落車してまだ1週間くらい。ただ絶好調でもG1の決勝に乗るのは難しい。岩本君や深谷君、前で頑張ってくれた自力選手の頑張りに尽きる。決勝は迷わず南関の3番手。ラインから優勝者を出せるように」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加