平野早矢香 現役引退の理由を語る「“東京五輪を目指すか”で迷って...」

平野早矢香 現役引退の理由を語る「“東京五輪を目指すか”で迷って...」

  • TOKYO FM
  • 更新日:2020/11/25
No image

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。11月9日(月)のお客様は、落語家の林家たい平さんさんと卓球女子銀メダリストでスポーツキャスターの平野早矢香さん。ここでは、平野さんが現役引退を決意した理由について語ってくれました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)林家たい平さん、平野早矢香さん

◆落語家は“しゃべれれば”続けられる(たい平)
たい平:平野さんが引退を決意するいきさつというのは……僕たちは、落語家なので引退はないわけですよ。「引退=ご愁傷様」ですから。

平野:アハハ。いやでも、私の現役生活がそうだったんですけど、年齢とともにいろいろとガタがきたりすることがあったので。そういうものと向き合いながら、ずっと長い間やっていくわけですから。自分のモチベーションだったり、コンディションだったりは、また大変なことじゃないかなというふうに思いますけど。

たい平:とにかく“しゃべれれば”現役が続けられるので。ある師匠は、(舞台の)座布団までおぶわれてきて、座って、終わってと幕が閉まると、みんなで行って、おぶって帰ってくる、みたいな。

平野:へぇー! すごい。

たい平:でもそれも何かね、“すべてをさらけ出してお客さんを喜ばせる”っていうのは、何かかっこいい気がするんですよね。ろれつも回らなかったり、今までと同じようなスピードでしゃべれなかったりとか、入れ歯が合わなかったりとか。

平野:入れ歯が合わなかったりとか(笑)。

たい平:先代の(三遊亭)円楽師匠は、「おい!」って大きな声で怒鳴ったら入れ歯が飛んで行ったんですよ。“カチカチカチカチ”って言いながら獅子舞みたいに飛んで行ったんです(笑)。

平野:アハハ(爆笑)! 笑っちゃいけないかもしれないけど、これはもう笑いをこらえられないですね。

たい平:アハハ。

平野:想像するだけで(笑)。

たい平:すみません、引退の話の前に大変申し訳ないお話をさせていただきました。

◆東京オリンピックを目指すか、目指さないか…
平野:私の引退については、今振り返ると、ある意味自分の性格に助けられたなと思うところがあって、“いつでも夢を見ることができる”性格だったんですよね。なので、いつまでに期限を決めてやろうっていうタイプではなくて、目の前の自分が達成したい目標に向かってひたすら突き進む、それができると思い込んで突き進むようなタイプだったんですけど。

(2012年の)ロンドンオリンピックを終えて、2016年のリオデジャネイロオリンピックの代表を目指してからの4年間というのも(代表内定に向けて)突き進んでいきました。そして2015年の9月に卓球の代表が決まったんですけど、ロンドンで戦った福原愛ちゃんと石川佳純ちゃんは代表に入って。そして、今活躍している伊藤美誠ちゃんが3番手で入って、私は入れませんでした。

2015年のときはまだ30歳だったんですけど、“大きな目標を達成できなかった。じゃあどうしようかな”っていうときに、正直“引退”っていうよりも“じゃあ次はどこに目標を置こうかな”っていう感じだったんですよね。それで、目の前のワールドツアーだったり全日本選手権だったり、次の年の世界選手権の予選とか、選考会とかに目標を置いてやっていたんですけど。その頃には少しずつ故障する箇所も出てきて……。

たい平:あれだけのハードスタイルだとね。

平野:そうなんですよ。練習をやり込んでいくタイプだったので、(故障で)練習もやり込めない。やっぱりオリンピックに出場できなかったっていうショックもありました。そして、2016年1月の全日本選手権を終えた段階で世界選手権の代表にもなれないことが決まって、“じゃあどうしようか”って最後悩んだのは、今年行われる予定だった“2020年の東京オリンピックを目指すか、目指さないか”で迷ったんですよ。

たい平:もう一度踏ん張って……っていうかね。

平野:はい。目指すんだったらオリンピックしか自分の心が燃える目標はないと思ったので。地元のオリンピックですから、やっぱり魅力がありますよね。

ただ、今の日本の卓球界は、若い子たちも含めてすごくレベルが上がってきて。“本当に代表になれるか、メダルが取れるか”って考えたときに、やっぱりリオに出られなかったときよりも、もっと確率は下がるだろうと。それだけパーセンテージが低い確率に自分の4年間をかけるのは……しかも31歳から35歳の4年間ですから“ちょっと難しいな……”と思って引退を決意しました。

たい平:スポーツの世界はね、試合があって、そうやって数字が出たり結果が出るのでね。そこは受け入れなくちゃいけないんですよね。

平野:やっぱり結果がすべてなので。“私、24時間も寝ずに頑張りました”って言っても、1回戦で負けたら、やっぱり“1回戦負け”っていう自分の実力を認めなければいけないので。そういうことを考えたときに、(引退するのは)やっぱりここだな、という。まぁ自分の両親とか私の関係者は多分、7~8割の方はまだ続けてほしかったと思うんですよ。

たい平:やってほしかったと思う。僕もそうですし。

平野:ただ、最後は自分の思い1つで決断しましたね。

たい平:シビアな世界ですよね。

平野:そうですね。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

11月23日(月・祝)片桐はいりさん×大九明子さん(映画監督)
11月24日(火)安田大サーカス・クロちゃん×関根勤さん
11月25日(水)宮本亞門さん×ヒャダインさん
11月26日(木)ダチョウ倶楽部・寺門ジモンさん×EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・NAOTOさん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶平野早矢香「CGじゃないんですよ!」続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加