楽天島内1号「こぶしのバッティングできたかな?」

楽天島内1号「こぶしのバッティングできたかな?」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

西武対楽天 5回表楽天1死二塁、島内は右越え2点本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<西武2-13楽天>◇6日◇メットライフドーム

楽天島内宏明外野手(31)が1点リードの5回に今季1号2ランを放った。

この回先頭打者の辰己が左前打で出塁し、続く小深田が初球できっちり送りバントを決めて1死二塁の場面だった。1ボールからの2球目を完璧に捉えて右翼席へ運んだ一発に球団を通じて「打ったのはストレートです。コブ(小深田)がこぶしの効いたバントをしてくれたんで、僕もこぶしのバッティングができたかな?? 以上!!(真顔で)」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加