畑のスイートコーン約150本、クマに食べられる...ハンターら警戒、電気柵の下を掘って侵入か 北海道積丹町

畑のスイートコーン約150本、クマに食べられる...ハンターら警戒、電気柵の下を掘って侵入か 北海道積丹町

  • HBCニュース
  • 更新日:2022/08/15
No image

動画は元記事でご覧いただけます

北海道積丹町で、畑のスイートコーンがクマに食べられる被害があり、ハンターらが警戒にあたっています。

地面に残る生々しい掘り返し…畑に侵入したクマの仕業と見られます。
5日、積丹町婦美町(ふみちょう)の畑で、スイートコーンおよそ150本がクマに食べられる被害がありました。
畑には電気柵が張り巡らされていましたが、クマは柵の下の地面に穴を掘り、電線を切って畑に侵入したとみられています。
積丹町の職員が6日、ハンターとともに畑の周辺を見回りました。

積丹町農林水産課 赤石孝さん
「自然とは共存していかないといけないが、農作物が食べられるのはやはり…町としても、害獣対策に取り組んでいきたい」

現場は、国道229号線から500メートルほど入ったあたりで、農家が点在しています。

8月6日(土)午後5時30分~「報道特集」

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加