金子恵美氏 ネタ尽きた演説をもたせるためにした驚きの行動「1時間何とかつなぐのに」

金子恵美氏 ネタ尽きた演説をもたせるためにした驚きの行動「1時間何とかつなぐのに」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/12

元衆院議員の金子恵美氏(43)が10日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に出演。演説の際に行った驚きの行動を明かした。

No image

金子恵美氏

テレビのコメンテーターとしても活躍する金子氏はこの日共演した小倉智昭氏(74)が司会を務めていた朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)がテレビでは初のレギュラー番組だったとし、「大変うれしかったのと同時に、毎回毎回凄い緊張していて。終わった後に毎回反省と後悔してました」と振り返った。

小倉氏が「最初からしっかりと話してたし、さすが政治家って自分の意思を持ってるなと思ってましたよ。ちょっと回りくどいことはあったけどね」と笑いながら話すと「やっぱり!」と大爆笑。夫で元衆院議員の宮崎謙介氏(40)からも「言わんとしてることは分かるけど、もっとコンパクトに話さないと。決まった尺の中に収めないといけないし、伝えないといけないのに」とよく言われているとした。

さらに政治家時代についたよくない癖として、「よく1時間演説をするとなると、ダラダラ中身のないことを1時間もたせようと思ってしゃべるんですけど。政治家ってそういうイメージありません?」とぶっちゃけ。小倉氏に「ダメじゃない。中身がないことをダラダラってバラしたら」と言われると、「そうですよ。本当に中身が途中からなくなって、しゃべることなくなって、私、校歌歌ってました。学生時代の校歌でですね、1時間何とかつなぐのに、(外部には)聞こえてないかなと思って校歌を大熱唱してました」と驚きの過去を明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加