石油の国家備蓄“初放出” 価格一段上昇に...見方も

石油の国家備蓄“初放出” 価格一段上昇に...見方も

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカに足並みをそろえました。

アメリカ・バイデン大統領:「アメリカの石油の備蓄から過去最大の放出を行う」

日本時間の24日、アメリカが石油備蓄の放出を発表すると…。

岸田文雄総理大臣:「米国と歩調を合わせ、国家備蓄石油の一部、売却することを決定しました」

岸田文雄総理大臣も、石油の国家備蓄の放出を行うと明らかにしました。

国家備蓄は、国の基地や石油会社から借り上げたタンクなどに貯蔵されていて、9月末の時点で145日分あります。

日本では、湾岸戦争や東日本大震災の際に、民間の石油の備蓄を放出したことはありましたが、国の備蓄を放出するのは今回が初めてです。

岸田文雄総理大臣:「原油価格の安定。これはコロナからの経済回復を実現するうえで、大変重要な課題であると思う」

供給量を増やし、原油価格の高騰を食い止める狙いですが、実際に放出される量は日米ともに数日分で、決して多くありません。

また、備蓄の放出は、産油国の増産意欲を削ってしまい、むしろ価格の一段の上昇につながるとの見方も出ています。

(「グッド!モーニング」2021年11月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加