高校ラグビー界に現れた“怪物選手”たち 現役の日本代表で期待の星も!

高校ラグビー界に現れた“怪物選手”たち 現役の日本代表で期待の星も!

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/10/14
No image

東福岡時代の福井翔大 (c)朝日新聞社

大分で23日に行われるオーストラリア代表ワラビーズ戦を皮切りに秋の国際試合シーズンを戦うラグビー日本代表がこのほど決まった。サクラのジャージーを目指して宮崎市での合宿でしのぎを削ってきた候補選手の中でも大きな話題となったのが、将来の代表を担う期待がかけられた「ナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)」として招集されたワーナー・ディアンズ(東芝ブレイブルーパス東京)だ。

【高校ラグビー「平成最強校」で頂点を極めた高校は? 独自ランキング全32校はこちら!】身長202センチと国内では規格外の大型ロックは、昨冬に東大阪市花園ラグビー場で開かれた全国高校大会でファンの注目を集め、今年3月に流通経済大学柏高校を卒業したばかり。残念ながら今回の代表メンバーには選ばれなかったが、来年1月に始まる新リーグ「リーグワン」の1部に属する強豪で鍛えられ、日本代表の大黒柱へと成長することが期待されている。

現在では早稲田大学の河瀬諒介の父親として知られる摂南大学総監督の河瀬泰治氏も、現役時代は大阪工大高校(当時)入学時から「怪童河瀬」と全国にその存在が響き渡った高校生ラガーマンだった。その後、明治大学、東芝府中(当時)でも常に活躍を続け、日本代表の中心選手として活躍した。

ディアンズも含め、河瀬泰治氏のように高校時代から名前を知られ、日本代表の主力として活躍することを期待される選手は多い。

今回、ディアンズと同じくNDSとして候補合宿に参加した福井翔大(埼玉パナソニックワイルドナイツ)は3年前に東福岡高校のキャプテンとして花園で活躍。監督に「高校ラグビー界の清宮君(プロ野球日本ハムの清宮幸太郎選手)かな」と評されたことから、大会中には「清宮級怪物」という見出しがスポーツ紙に踊った。卒業後は大学には進学せずトップリーグ(当時)の強豪にプロ選手として加入。2017年度のU20代表に唯一の高校生として選ばれた逸材は順調に成長し、今度はチームの最年少選手として見事に初代表を射止めた。

東福岡には高校時代からトップカテゴリーで活躍する大器が多い。東京オリンピックのラグビー競技(7人制)日本代表の藤田慶和(埼玉パナソニックワイルドナイツ)は高校3年時にセブンズ(7人制)日本代表の一員として国際統括団体のIRB(現ワールドラグビー)が主催する世界大会に出場。卒業直前には当時のエディー・ジョーンズヘッドコーチが初めて選んだ15人制の日本代表にも選ばれ、その後、2015年のワールドカップに出場した。また、藤田の1年先輩で元日本代表の布巻峻介(同)も高校時代にセブンズの日本選抜に選ばれて国際大会に出場している。

また、今回のNDSに追加招集された梶村祐介(横浜キヤノンイーグルス)は報徳学園高校時代にジョーンズヘッドコーチの目にとまり、花園出場前の3年時に日本代表合宿に呼ばれたことがある。昭和の時代では、高校生で代表候補合宿に呼ばれた藤原優氏(日川高校―早稲田大学―丸紅)が、いわば怪物高校生の元祖。野性味あふれるパワフルな走りで「アニマル藤原」と呼ばれたウイングはその後日本代表の中心選手となり、世界選抜にも選ばれている。

ただし、高校時代の評価とその後の活躍が必ずしもマッチするわけではない。

ジェミー・ジョセフヘッドコーチ体制の日本代表にあって、唯一無二の絶対的司令塔の立場にある田村優(横浜キヤノンイーグルス)は、國學院栃木高校時代に全国大会に出場しているものの、高校日本代表には選ばれていない。さらにU20日本代表も「本番」となる国内開催のU20世界選手権を前に外された。能力がようやく正しく評価されて再びサクラのジャージーを着たのはジョーンズヘッドコーチ体制になった2012年。それ以降は常に日本代表に名を連ねている。

また、日本代表として日本協会がキャップ対象とした国際試合で計65トライをあげて世界記録を更新、ワールドラグビーのラグビー殿堂入りも果たしている「世界のトライ王」大畑大介氏(東海大仰星高校―京都産業大学―神戸製鋼)も、高校3年時の高校日本代表には当初選ばれておらず、他の選手の負傷辞退によって追加招集された。

現在、全国各地で花園の予選が進行中だ。今シーズンはどんな怪物や大器が現れるのだろう。また、将来の日本代表を担う才能がどこに隠れているのか。2027年のワールドカップでサクラのジャージーを着る選手が必ずどこかにいるはずだ。

dot.sports

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加