杏「パリ、フランスは青春の場所」 フランス映画祭2021ラインアップ発表会見

杏「パリ、フランスは青春の場所」 フランス映画祭2021ラインアップ発表会見

  • 映画.com
  • 更新日:2021/10/14
No image

凛とした美しさ!フェスティバル・ミューズを務める杏 (c)unifrance

29回目となる「フランス映画祭2021 横浜」の作品ラインアップ発表会見が、在日フランス大使館公邸で10月14日開かれ、今年のフェスティバル・ミューズを務める、フィリップ・セトン駐日フランス大使、山中竹春横浜市長らが出席した。

好きなフランス映画を問われたは、「アヌーク・エーメさんが好き。芸術にとても興味があるので、モディリアーニを描いた『モンパルナスの灯』」と回答。モデルとして、10代からパリコレ出演のため数多くの渡仏経験があり、「パリ、フランスは青春の場所。スマホのない時代に紙の地図を持って、最先端のファションの現場に行きました。その時に築いたものが宝物として熟成されている」とフランスとの長年のかかわりを述懐する。

また、フランスはにとって「歴史、音楽、芸術、美味しいごはんなど仕事以外でも楽しい思い出が詰まっていて、いつ行っても好奇心が刺激される場所」と言い、いつか住みたい?との質問には「昔から半月やひと月などの期間で行っていました。住んだら刺激があると思います」と笑顔を見せた。

映画祭は、昨年同様新型コロナウイルスの感染対策を万全にしながら、オープニングセレモニー、ゲスト招へいを予定しており、協賛の日産の電気自動車LEAF内から鑑賞するドライブインシアター上映を予定。オンラインでパリから会見に臨んだ、主催のユニフランスからバラエティ豊かな上映作品10本が発表された。

同映画祭は横浜みなとみらい21地区を中心に11月11日~14日に開催される。

▼上映作品は以下の通り。
ヴォイス・オブ・ラブ
「セヴェンヌ山脈のアントワネット」
「約束」
「分裂」
「ウイストルアム 二つの世界の狭間で」
「あなたが欲しいのはわたしだけ」
「DELICIEUX(原題)」
「アプローズ、アプローズ!」
東洋の魔女
「月の守護者の伝説」
ダ・ヴィンチは誰に微笑む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加