iPhone 13・iPhone 13 mini IP68等級の耐水性能を備え、一日中使えるバッテリーを実現 9月17日から予約受付開始、24日から販売開始

iPhone 13・iPhone 13 mini IP68等級の耐水性能を備え、一日中使えるバッテリーを実現 9月17日から予約受付開始、24日から販売開始

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/09/15

Appleは、iPhone 13とiPhone 13 miniを発表した。

No image

iPhone 13とiPhone 13 miniは、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、そして(PRODUCT)REDで提供。ストレージ容量が従来の2倍の128GBとなった新しいエントリーレベルの他、256GB、512GBのモデルも選べる。

日本、オーストラリア、カナダ、中国、ドイツ、インド、英国、米国などの30以上の国や地域では、9月17日から予約注文の受付を開始し、9月24日から販売を開始。トルコでは10月1日から、マレーシア、メキシコ、韓国、タイのほか約10か国では10月8日から販売を開始するという。

価格は、apple.com/jp/store、Apple Storeアプリケーション、Apple Store直営店で購入すると、iPhone 13 は月額 4,117円(税込)、下取りがない場合は98,800円(税込)、 iPhone 13 miniは月額3,617円(税込)、下取りがない場合は 86,800円(税込)。

なお、iPhone 13とiPhone 13 miniは、Apple製品取扱店や一部の通信事業者でも購入が可能。iOS 15は、9月20日に無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

No image

驚くほどのバッテリーの駆動時間を備えた、美しく耐久性の高いデザイン

iPhone 13とiPhone 13 miniは全面的に刷新され、5つの魅力的なカラーと、耐久性の高いフラットなエッジのデザインとエレガントなアルミニウムフレームを備えている。

6.1インチおよび5.4インチのディスプレイには、iPhoneだけに使用されていて、他のスマートフォンのガラスよりも強靭なCeramic Shieldが前面に採用されているとのことだ。いずれのモデルも、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能を備え、一般的な液体をこぼしても保護されるように設計されている。

また、背面カメラの配置を再設計し、レンズを斜めに配置することで、先進的なデュアルカメラシステムが実現。

再設計されたTrueDepthカメラシステムは小型化されながらも、スマートフォンの中で最も安全な顔認証であるFace IDなど、これまでと同じ画期的なテクノロジーを搭載し、にもかかわらずディスプレイの表示領域はさらに広くなっているという。

No image

TrueDepthカメラシステムの再設計によってディスプレイの表示領域が広がると同時に、レンズを斜めに配置して背面カメラを再設計

進化したSuper Retina XDR OLEDディスプレイは、驚異的なコントラスト比によって真の黒を表現し、野外の最大輝度は28パーセント増の800ニトを、写真やビデオなどのHDRコンテンツのピーク輝度はより高い1200ニトを実現しながら、電力効率がさらに向上している。

No image

進化したSuper Retina XDR OLEDディスプレイは、これまでより28パーセント明るくなりながら、電力効率向上

iPhone 13およびiPhone 13 miniでは、A15 Bionic、さらに効率化された部品、より大きなバッテリー、ハードウェアとソフトウェアの深い連係による電力最適化によって、バッテリー駆動時間が大幅に向上。

iPhone 13は驚異的な一日中使えるバッテリーを実現し、iPhone 12と比較して1日に最大2時間半、iPhone 13 miniの場合はiPhone 12 miniと比較して1日に最大1時間半長く使えるという。

iPhone史上最も先進的なデュアルカメラシステム

iPhone 13とiPhone 13 miniではカメラの設計が大きく飛躍し、美しい写真やビデオをもたらすハードウェアおよびコンピュテーショナルフォトグラフィが進化。

【広角カメラ】

1.7µmピクセルの新しい広角カメラは、iPhoneのデュアルカメラシステムに搭載された中で最も大きなセンサーが搭載されており、光を47パーセント多く取り込むことができるため、ノイズが低減。

No image

光を約50パーセント多く取り込むので、より一層印象的なナイトモードの写真を撮ることができる

iPhone 12 Pro Maxで初めて導入され、ほかのスマートフォンには使われていない技術であるセンサーシフトOISが、iPhone 13の広角カメラにも搭載されたという。

コンパクトなiPhone 13 miniでも同様。この技術はレンズではなくセンサーを安定させるため、より安定した撮影が可能であるという。

No image

1.7µmピクセルの新しい広角カメラは、iPhoneのデュアルカメラシステムに搭載された中で最も大きなセンサーが搭載

一方、独自に設計された超広角カメラは新しいセンサーを搭載し、写真やビデオの暗い部分をより詳細に、ノイズをより少なくして撮影できるとのことだ。

No image

超広角カメラは、新しいセンサーを搭載し、写真やビデオの暗い部分をより詳細に、ノイズをより少なくして撮影できる

映画撮影の技法やピント送りの効果的な使用方法についての幅広い研究に基づき、iPhoneのシネマティックモードでは、人物、ペット、その他の被写体を、自動でピントが変化する美しい被写界深度効果と共に撮影できる。

創造的なコントロールもできるように、ピントは撮影中にも撮影後にも変更可能で、ユーザーはボケ効果の強さを写真アプリケーションやiOS用のiMovieで変更することもでき、この機能はmacOS用のiMovieとFinal Cut Proにも近日中に導入される予定であるという。

これにより、iPhone 13のラインナップは撮影後にもビデオの被写界深度効果を編集できる唯一のデバイスとなる。

No image

シネマティックモードでは、人物、ペット、その他の被写体を、自動でピントが変化する美しい被写界深度効果と共に撮影でき、誰でも映画の一場面のような瞬間を撮影できる

A15 Bionicと高度な機械学習アルゴリズムの活用によって、シネマティックモードではドルビービジョンHDRで記録される。また、どちらのモデルでも、撮影から編集、共有に至るまでドルビービジョンのHDRビデオを撮影可能で、すべてのカメラで最大60fpsの4K撮影に対応しているとのことだ。

さらに高速になったA15 BionicのNeural Engine、新しい画像信号プロセッサ(ISP)、コンピュテーショナルフォトグラフィの進化が、iPhone 13とiPhone 13 miniのまったく新しい機能の数々をパワフルなものにしているという。

フォトグラフスタイルで、ユーザーはAppleのマルチフレーム画像処理の利点を活かしつつ、自分の写真の好みをすべての画像に適用することができる。

標準の設定や自分好みの設定はすべてのシーンや被写体に対して機能し、単純なフィルタとは違って写真の別々の部分に適切な調整を行いながら賢く適用されるため、スキントーンなどの写真の重要な要素が保たるとのことだ。

デュアルカメラシステムとコンピュテーショナルフォトグラフィのパワーはスマートHDR 4に対応しており、難しい条件下での集合写真の被写体の色、コントラスト、光が向上してより実物に迫る写真を撮影でき、さらにナイトモードの機能も向上。

また、TrueDepthカメラも、シネマティックモード、フォトグラフスタイル、スマートHDR 4などを含む、驚異的な新しいカメラ機能すべてに対応しているとのことだ。

A15 Bionic:iPhone 13のエンジン

A15 Bionicは他社のチップよりもずっと高速で、より優れた性能とより良い電力効率をもたらすため、iPhone 13のラインナップでは、あらゆることがこれまで以上に流れるように動作するという。

2つの高性能コアと4つの高効率コアで構成される新しい6コアCPUは、他社よりも最大50パーセント高速で、あらゆるスマートフォンの中で最速であり、負担の大きい作業もスムーズかつ効率的に処理。

新しい4コアGPUは、他社よりも最大30パーセント高速で、グラフィックスを駆使したゲームでより現実に近い視覚表現や照明効果が可能になっているとのことだ。

新しい16コアのNeural Engineは、1秒間に15兆8千億回の演算が可能で、他社製アプリケーションの体験やiOS 15のカメラアプリケーションの「テキスト認識表示」機能で実行される機械学習の演算がさらに高速になっている。

次世代ISPの大幅な進化と、コンピュテーショナルフォトグラフィ、それにパワフルなカメラハードウェアが合わさることで、新しいデュアルカメラシステムが実現しているという。

さらに多くの場所で5G体験を

世界が急速に5Gに移行しつつある中、iPhoneは、ユーザーがつながり、共有し、コンテンツを楽しむ方法を変革する、先進的な5G体験を提供。

iPhone 13 ラインナップの独自のハードウェア設計によって、さらに多くの5G周波数帯に対応するようになり、より広範囲な地域で、より優れたパフォーマンスで5Gを利用できるようになるという。

2021年の年末までに、iPhoneの5G対応は世界中で2倍に増え、60の国と地域にある200社以上の通信事業者が対応するように。

iOS 15では、5G経由のSharePlay7により、FaceTime通話中に友達と同期した状態でHDR画質の映画やテレビ番組を一緒に観るといったパワフルな共有体験ができるようになるという。

また、スマートデータモードでは、5Gの通信速度が必要でない時は自動的にiPhoneをLTEに切り替えることで、バッテリーを賢く節約するとのことだ。

iOS 15を搭載

iOS 15は、つながりを保つ新しい方法や、デバイス上の知能を使い、ユーザーの集中を助けたり、探索したり、さらに多くのことができるパワフルな機能を提供し、iPhoneの体験を高めてくれるという。

FaceTime通話では、空間オーディオと新しい「ポートレートモード」によってさらに自然な会話が可能に。

新しい「集中モード」機能はユーザーの気が散る要因を減らすために役立つほか、通知も再設計されており、「テキスト認識表示」ではデバイス上の知能を使って写真中のテキストを認識し、それに応じてユーザーが操作できるようになる。

No image

iOS 15の「テキスト認識表示」では、デバイス上の知能を使って写真の中のテキストを認識

また、Appleマップでは、新しい3次元の街並みをドライブする体験や徒歩の経路を拡張現実で示すナビゲーションにより、世界を旅し、探索する素敵で新しい方法が提供されている。

天気アプリケーションは再設計されて、全画面表示の地図が採用され、気象情報の視覚的な表示が増え、ウォレットは家の鍵に追加対応し、Siri、メールなどシステム全体の様々な部分で新しいプライバシーコントロールが導入され、ユーザーの情報がさらに保護されるという。

iPhoneと環境

iPhone 13は、環境に対する影響を最小限に抑えるように設計されている。たとえば、プラスチックボトルをより強い、より高機能な素材に化学的に転換して再生利用したアンテナの線は業界初の試みであるとのことだ。

また、iPhoneは、MagSafeで使われているような磁石には100パーセント再生希土類元素を使用し、メインロジックボードのはんだ付けには100パーセント再生スズを使用し、今回初めてバッテリー管理ユニットにも100パーセント再生スズを使用。

どちらのモデルでも、メインロジックボードのメッキ、前面のカメラと背面のカメラのケーブルに100パーセント再生金を使用。

再設計したパッケージでは、外側のプラスチック包装を取り除き600トンのプラスチック利用を削減し、2025年までにすべてのパッケージからプラスチックを完全に取り除くというAppleの目標に一歩近づいたとのことだ。

Appleは、カーボンニュートラルなグローバル企業であり、2030年までに製造サプライチェーンおよび製品ライフサイクル全体を含むすべての事業で、気候変動への影響をネットゼロにするよう取り組んでいる。

これは、販売されるすべてのApple製デバイスで、部品製造、組み立て、輸送、ユーザーの利用、充電、そしてリサイクルや素材の回収まで、100パーセントカーボンニュートラルにすることを意味するとのことだ。

The postiPhone 13・iPhone 13 mini IP68等級の耐水性能を備え、一日中使えるバッテリーを実現 9月17日から予約受付開始、24日から販売開始first appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加