「ピンポン外交」50年で米中が世界選手権で混合ペア

「ピンポン外交」50年で米中が世界選手権で混合ペア

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

アメリカで開催中の卓球の世界選手権で、米中のいわゆる「ピンポン外交」から50年を記念して、両国選手による男女混合ダブルスが結成されました。

ヒューストンで始まった世界選手権では、アメリカと中国が卓球を通じて関係を改善し、その後の国交正常化につながった1971年の「ピンポン外交」から50年を記念して、アメリカと中国の選手によるペアが2組結成されました。

中国卓球協会の劉国梁会長は「両国の友情をどう進めるか、ずっと考えてきた」と述べ、新時代の「ピンポン外交」が最大の目的だと強調しました。

中国メディアは、今回の米中ペア結成のニュースを大々的に伝えています。

世界卓球で南北統一チーム「対戦は望まない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加