パレスの反撃を抑えたアーセナルが開幕戦を制して白星発進《プレミアリーグ》

パレスの反撃を抑えたアーセナルが開幕戦を制して白星発進《プレミアリーグ》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

アーセナルは5日、プレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。アーセナルのDF冨安健洋は欠場している。

【動画】【日本語字幕】G・ジェズスのアーセナルでの1stインタビュー

昨季プレミアリーグで5位に終わり、惜しくもチャンピオンズリーグ出場権獲得を逃したアーセナルは、プレシーズンで絶好調だった新戦力のガブリエウ・ジェズスがマルティネッリ、サカと共に3トップを形成した。

昨季プレミアリーグ12位のヴィエラ監督率いるパレスに対し、[4-3-3]で臨んだアーセナルは4分、ジェズスのシュートのルーズボールをボックス左のマルティネッリが蹴り込む決定機を演出。

良い入りを見せると続く8分、ジンチェンコがGK強襲のシュートを浴びせた。そして勢いそのまま20分に押し切る。右CKからファーサイドのジンチェンコがヘッドで折り返し、マルティネッリが頭で押し込んだ。

前半半ば以降は1点を追うパレスのポゼッションが高まった中、42分にピンチ。FKの流れからアンデルセンの折り返しをエドゥアールがヘッド。枠を捉えていたが、GKラムズデールがファインセーブで凌いだ。

1点のリードを保って迎えた後半、アーセナルは52分にピンチ。自陣でボールを失った流れからザハのスルーパスを受けたエゼがボックス内でGKと一対一。しかし、またもラムズデールが好守で救った。

その後も守勢が続いたアーセナルだったが、自陣で耐え凌いでいく。すると終盤の85分に追加点。ボックス右で縦に仕掛けたサカの右足クロスがグエイのオウンゴールを誘った。

このまま2-0で勝利。アーセナルがパレスの反撃を凌いで開幕戦を制し、白星発進としている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加