レアル、終盤の2ゴールでオサスナに辛勝...2試合ぶり勝点3でアトレティコを追走

レアル、終盤の2ゴールでオサスナに辛勝...2試合ぶり勝点3でアトレティコを追走

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/02
No image

苦しみながらもオサスナを退けたマドリー

現地時間1日、レアル・マドリー対オサスナのラ・リーガ・サンタンデール第34節の一戦がエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノで行われ、2-0でホームのレアル・マドリーが勝利した。

2位レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、チェルシーとのチャンピオンズリーグ2ndレグを考慮してローテーションを採用。モドリッチとトニ・クロースをベンチに置いた。

自力の差を見せるマドリーは、前半だけで13本のシュートを浴びせた。約3ヶ月ぶりの先発出場となったエデン・アザールやエデル・ミリトンが何度か決定機を迎えたが、ビッグセーブを連発したGKセルヒオ・エレーラに阻まれてゴールレスで前半を終えた。

オサスナは終了間際に、両膝の前十字靭帯断裂を乗り越え、昨年1月24日以来の先発となったFWチミー・アビラがネットを揺らしたが、わずかにラインから飛び出すのが早くオフサイドとなった。

後半も攻め続けたレアル・マドリーは、強みのセットプレーでこじ開ける。76分、途中出場のイスコのコーナーキックをミリトンがこの試合4本目のヘッドで決めてついにセルヒオ・エレーラの牙城を崩した。

先制したマドリーは、80分にもベンゼマのスルーパスに反応したカゼミロがワンタッチで決めて突き放した。

苦しみながらも勝利したレアルが同日にエルチェに勝利したアトレティコを3ポイント差で追走している。

レアル・マドリー 2-0 オサスナ
76分:エデル・ミリトン
80分:カゼミロ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加