スキー場の新型コロナウイルス感染予防対策

スキー場の新型コロナウイルス感染予防対策

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/11/20

2020/11/20 14:33 ウェザーニュース

スキー場が少しずつオープンし始め、ウィンタースポーツの季節が近づいてきています。ただ、今年は新型コロナウイルスの感染がおさまらず心配も。ウェザーニュースでは、毎年ゲレンデに取材を行っていますが、多くのスキー場に感染対策もうかがっています。

体温測定とマスク着用を

No image

スキー場へ出かけるときは、まずは万全の体調でお願いします。
自宅を出発する前やスキー場へ入る前に必ず検温をして出かけましょう。また、フェイスマスクや室内ではマスク着用も忘れずにお願いします。
また、除菌シートや携帯用の除菌スプレーなども持参するとよいかもしれません。

リフトやゴンドラは乗車人数制限も

No image

密閉・密接・密集を避けるため、リフトやゴンドラでは待つ場所を含め、人数制限をかけています。いつもよりも待ち時間が長くなるなどあるかもしれませんが、ソーシャルディスタンスを保って利用をお願いします。

現地スタッフの健康管理や設備の消毒も

No image

皆さんに、安心してスキー場を楽しんでいただけるよう、現地スタッフのみなさんも、健康管理の徹底やこまめな手洗い・消毒などに努めています。
また、食堂や休憩所・レンタルスペースなど混雑する場所でも人数制限や消毒などしっかりと対策してOPENに臨まれているようです。

スキー場に出かけられる方は、現地の詳細情報をご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加