「ジンギスカンのたれ」だけじゃない!北海道民御用達メーカーが作ったレトルトがすごい

「ジンギスカンのたれ」だけじゃない!北海道民御用達メーカーが作ったレトルトがすごい

  • 北海道Likers
  • 更新日:2021/06/09

北海道のグルメのひとつといえば“ジンギスカン”ですよね。専門店で食べるジンギスカンももちろんおいしいですが、おうちで食べるジンギスカンも負けない良さがあります。

そして、“おうちジンギスカン”になくてはならない相棒が“ジンギスカンのたれ”。

今回はその“ジンギスカンのたれ”で有名な「ベル食品」をご紹介いたします。

「成吉思汗たれ」はいろんな場所で大活躍!

No image

出典:北海道Likers

北海道のスーパーの焼肉のたれコーナーにズラリと並んでいるのは、焼肉のたれではなく「ベル食品」の『成吉思汗たれ』です。道外の方はびっくりだと思いますが、北海道では普通の光景です。

「北海道民はそんなにジンギスカンを食べるの?」と思われる方もいるかもしれませんね。ジンギスカンはもちろん大好きですが、このたれはもっと万能なのです。この『成吉思汗たれ』はしょうゆベースで、フルーティな甘さとさっぱりした味わいが特徴です。この味が、ラム肉だけでなくいろんな食材によく合います!

とくに筆者が好きなのは、少々貧乏くさいですがこのたれを使った“もやし炒め”です。もやしはジンギスカンでもよく使われる野菜のひとつですから、ぴったりなんですよ。ただ、もやしだけではさすがに味気ないので、ほかの野菜やお肉を加えて食べることが多いですね。

むしろジンギスカンよりも、そういった“普段のおかず”の調味料のひとつとして活躍してくれることが多いかもしれません。

たれやスープだけではなかった!ちょっと贅沢なあれも「ベル食品」

No image

出典:北海道Likers

筆者にとって、「ベル食品」といえば『成吉思汗たれ』とあともうひとつ、ラーメンスープの素の『華味』という商品のイメージが強くありました。

そのため、「ベル食品」といえば道民御用達の“たれ”や“スープ”を作っている会社だと思い込んでいたのです。しかし、実はそれ以外にも“鍋のつゆ”や“スープカレーの素”などたくさんの商品があります。

今回はそのなかでも筆者が気になった、少し贅沢なレトルトカレーを実食しました!

No image

出典:北海道Likers

今回筆者が選んだのは『十勝モッツァレラチーズカレー』です。お肉が入っているカレーとも迷ったのですが、モッツァレラチーズが入っているカレーは食べたことがなかったので、こちらを選びました。

まず、温めてみて驚いたのが、“チーズが溶けていない”こと。パッケージ写真ではごろごろとチーズが入っていても、温めてしまったら溶けてしまうのではないかと疑っていました。しかし、そんなことはなくしっかり具としてチーズが存在しています。

緊張の一口目はあえてチーズではなく、ルーだけで食べました。ピリッとスパイシーですが、野菜が溶け込んでいる甘味もしておいしいです。濃厚なルーなので、ごはんがとっても進みます。

そして、大本命のチーズを食べました。

おいしいチーズってすごいですね! カレーは香りも味も強いですが、それに負けていない。チーズの風味もさることながら、後味にミルクの香りがしたのが感動でした。

スパイシーだったカレーもチーズと一緒に食べるとまろやかな味わいになります。

トッピングにチーズをかけることは今までありましたが、それとはまったく違いました。お肉ほどではないですが、食べ応えもあってよかったです。北海道のチーズのすごさを改めて感じてしまいました!

「ベル食品」の商品は北海道民にとって身近なものがたくさんあります。

もし、北海道のお土産で迷うことがあったら、「ベル食品」の文字を探してみてもいいかもしれませんね。

<商品詳細>■商品名:十勝モッツァレラチーズカレー 180g■価格:510円 (税抜)(180g×5入)

【参考】ベル食品

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加