【沖縄】『冬・春のオススメ』 “やんばる”の大自然 “宮古ブルー”の海...ミス沖縄とミス宮古島に聞いた

【沖縄】『冬・春のオススメ』 “やんばる”の大自然 “宮古ブルー”の海...ミス沖縄とミス宮古島に聞いた

  • ラジオ関西
  • 更新日:2022/11/26

沖縄が本土に復帰して50年を記念したイベント『神戸・三宮 ICHAPIBACHO-DAY2022』が、26日、神戸市中央区の三宮センター街1丁目で開かれるのを前に、第40代沖縄観光親善大使ミス沖縄クリーングリーングレイシャスの新垣佳菜江さん(26)と第48代ミス宮古島ティダの山里穂乃花さん(22)が、ラジオ番組で「冬と春のおすすめ観光」などについてPRした。

【画像:全16枚】ミス沖縄・ミス宮古島のオススメを写真で見る 美ら海水族館、やんばる、宮古ブルー、カヤック、紅型体験……

No image

「ミス沖縄」の新垣佳菜江さん(右)と「ミス宮古島」の山里穂乃花さん(左)

ミス沖縄の「クリーングリーングレイシャス」は沖縄の花と緑、自然を象徴するような女性という意味、ミス宮古島の「ティダ」は太陽を表す言葉という。

沖縄本島北部と西表島は昨年、数多くの固有種が生息する生物多様性が評価され、世界自然遺産に登録された。そんな「やんばる」と呼ばれる地域の大自然を体感してほしいと、新垣さんは、地元をよく知るガイドが付くツアーやトレッキングなどを挙げる。「トレッキングなどは通年楽しめますが、今の時期は涼しくなり虫も少なくて、お勧めです」。

また、シーサー作りや紅型染め、地元で採れる藍を使った染色など、沖縄ならではの手作り体験も人気が高まっているといい、「屋内施設で作るので、雨が降ってもOK。子どもたちも一緒に挑戦できますし、持ち帰って家でも沖縄を感じてもらえる」と推奨する。

No image

沖縄の紅型染め

11月に20周年を迎えた「沖縄美ら海水族館」(国頭郡本部町)、亜熱帯の色とりどりの熱帯魚を、自分も海の中にいるような目線で観賞できる「ブセナ海中公園」(名護市)も、天候を気にせず、一日中楽しめるスポットだ。「沖縄は、皆さんが住んでおられるところと植物、生き物がまったく違う。間近で見て、触れてもらって、自然がくれるパワーでリフレッシュしていただけたら」(新垣さん)

No image

沖縄美ら海水族館

No image

ブセナ海中公園

一方、宮古諸島の冬のおすすめは、伊良部大橋など3つの大橋を渡って、宮古島、伊良部島、下地島、池間島、来間島の5島を気ままに巡るルート。とりわけ注目を浴びているのは、下地島空港横の「17エンド」と呼ばれる場所にある、透明度の高いエメラルドグリーンのビーチという。山里さんのお気に入りは、池間島の池間大橋から見る海で、「水深によって七色の青がグラデーションになっていて、とても美しい。宮古島ではさまざまな『宮古ブルー』が楽しめます」と話す。

No image

伊良部大橋と美しい海

山里さんは宮古島観光協会YouTubeで、マングローブの林や珍しい生き物を観察しながらカヤックに乗る様子などを発信。片手で集められる量のごみを拾いながら移動する、地球に優しい旅の提案も行っている。

No image

マングローブの林を観察しながら楽しめるカヤック

そのほか、3年ぶりに開催される4月の全日本トライアスロン大会、12月~2月に旬を迎えるメロンについても紹介。「メロンは果肉がきめ細やかで、糖度が14度以上もあり、とても甘いです」と笑顔でアピールした。

No image

冬に旬を迎える宮古島のメロン

沖縄・那覇空港への直行便は、神戸空港から1日7便、伊丹空港から5便、関西空港から14便で、フライト時間はいずれも約2時間半。宮古諸島へのアクセスは、神戸空港~下地島空港間(1日1便)、関空~宮古空港間(同)で約3時間の直行便がある。

ラジオ関西

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加