津軽海峡渡るヒヨドリの群れ、越冬のため北海道から本州へ

津軽海峡渡るヒヨドリの群れ、越冬のため北海道から本州へ

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/10/16
No image

"津軽海峡を渡るヒヨドリの群れ=2021年10月14日午前8時9分、北海道松前町、三木一哉撮影"

北海道と本州が約19キロの距離で向かい合う北海道最南端の松前町の白神岬から、津軽半島を目指して、ヒヨドリの群れが渡り始めた。ヒヨドリは厳しい北海道の冬が近づくと、越冬のため本州へと渡るものもいる。

クジラの死骸に食らいつくヒグマ エサのカラフトマス激減 知床半島

14日朝は、岬の北側の丘に集まった数百羽の群れが旋回しながら、海へと急降下し、次々と南へ渡っていった。

ヒヨドリのほか、シジュウカラの群れや、こうした鳥の群れを上空から狙う大きな鳥の姿もあった。ヒヨドリの群れの飛行は津軽海峡の秋の風物詩。例年、10月中旬ごろから11月上旬ごろまでの間、風の弱い晴天の早朝から午前中にかけて見られるという。(三木一哉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加