【漫画】「では3千円になります」自殺しようとしていたところを救ってくれた青年は、有償で依頼を受ける“便利屋”だった/野良猫と便利屋(2)

【漫画】「では3千円になります」自殺しようとしていたところを救ってくれた青年は、有償で依頼を受ける“便利屋”だった/野良猫と便利屋(2)

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/09/23
No image

【漫画】さまざまな依頼の陰に横たわる、現代を象徴する人間ドラマを描いた「野良猫と便利屋」試し読みまとめ

人生に絶望して自殺を試みた中年・柴は通りすがりの青年・玄野に命を救われる。これをきっかけに玄野とともに便利屋「ネコノテ」で働くことになった柴が見たのは、有償で行われるさまざまな形の“人助け”だった。「失せ物探し」「対ハラスメント雑務」「町内会の役員」「不登校児の預かり」など、世相を映す依頼の数々と“人を助ける”ことの本当の意味とは…。

さまざまな依頼の陰に横たわる、現代を象徴する人間ドラマを描いた「野良猫と便利屋」(著・乙津きみ子)から厳選して全12回連載でお届け。今回は第2回となる。

前回、人生に絶望して自殺を試みたが、通りすがりの青年・玄野に命を救われた柴。今回、助けてくれた玄野の行動は、便利屋の仕事で自分を救ってくれたということが判明…。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加