札幌が駒井のゴールを守り切り、ミシャ監督の誕生日にホームで1-0勝利!敗れた鹿島は3連勝ならず

札幌が駒井のゴールを守り切り、ミシャ監督の誕生日にホームで1-0勝利!敗れた鹿島は3連勝ならず

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/18
No image

今季の3ゴール目となる先制弾が決勝点になった駒井。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

J1リーグは10月18日、各地で第23節の8試合が行なわれる。札幌ドームでデーゲームで行なわれた北海道コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズの一戦は、1-0でホームの前者が勝利を収めた。

前々節は湘南に2-1で勝利したものの、前節は名古屋に0-3と完敗。ここまでなかなか波に乗り切れない札幌は勝点21で14位に付けている。前節からの先発変更は1人、アンデルソン・ロペスに代えてユース出身の大卒ルーキー高嶺朋樹が先発。荒野拓馬を最前線に置くゼロトップシステムでスタートした。

一方の鹿島は7連勝後に2連敗を喫したが、そこから再び2連勝中。前節は12分に先制点を奪うと、相手の猛攻を耐え終盤に加点し2-0で勝利と試合巧者ぶりを見せた。その試合から5選手を変更して試合に臨んだ。

試合は、ホームの札幌が押し込まれる時間帯があったものの、果敢に攻勢に出る。

31分にはルーカス・フェルナンデスが決定的な抜け出しでペナルティエリア内に侵入するが、駒井善成へのラストパスが合わずシュートを放てない。

それでも攻め込む札幌は、41分その成果がゴールとして実を結ぶ。キャプテンの宮澤裕樹が敵陣押し込んだ位置でボールを奪うと左サイドにパス。福森晃斗から、ダイレクトで出されたグラウンダーのボールに阿吽の呼吸で走り込んできた駒井が落ち着いてネットを揺らし1-0と札幌が先制する。
これで今季J1のアウェーで先制点を許した数がリーグワーストの10試合となってしまったが、そこからの勝利数も3勝とリーグトップの数字を誇る鹿島。

60分には、松村優太、上田綺世、永木亮太を3枚同時に投入し攻勢に出る。

鹿島は後半、札幌陣内に全員が入る程押し込む時間帯もあったが、札幌のカウンターからシュートを許すなど、上手く時間を使われ、85分の上田のワンタッチシュートはポストを直撃するなど無得点のまま試合終了を迎えた。

この結果、札幌は63歳となったミハイロヴィッチ監督の誕生日にホームで勝利し、勝点を24に伸ばした。一方の鹿島は同39と変わらず。

次節、札幌は10月24日にホームで横浜FCを迎え撃つ。一方の鹿島は、ヴィッセル神戸がACL出場するために、平日の21日に前倒しで第33節を敵地で戦い、24日にサンフレッチェ広島とホームで激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加