広島床田が踏ん張れず6回途中降板「ボール先行で苦しい投球になった」

広島床田が踏ん張れず6回途中降板「ボール先行で苦しい投球になった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

ヤクルト対広島 6回裏ヤクルト1死一塁、マウンドに集まる床田(中央)ら広島の選手たち(撮影・河田真司)

<ヤクルト3-2広島>◇7日◇神宮

連勝を目指した広島床田寛樹投手は中盤に踏ん張ることができなかった。

4回に中村と村上に2本の二塁打を許し、先制を許した。味方が勝ち越した後の6回も、同じ2人の安打から1死一、三塁とされ、セーフティースクイズで追いつかれた。5回2/3で球数110球を要し6安打2失点。「ボール先行で苦しい投球になった。点を取られているので粘れてはいない」。試合後は反省の弁を並べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加