BEYOOOOONDS 里吉うたの、憧れの『科捜研の女』でドラマデビュー!「好きな鑑定は歩容認証と成傷器鑑定」

BEYOOOOONDS 里吉うたの、憧れの『科捜研の女』でドラマデビュー!「好きな鑑定は歩容認証と成傷器鑑定」

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2020/10/16
No image

BEYOOOOONDS 里吉うたの、憧れの『科捜研の女』でドラマデビュー!「好きな鑑定は歩容認証と成傷器鑑定」

【画像はこちら】

BEYOOOOONDSの里吉うたのが、10月22日(木)から放送スタートする『科捜研の女』season20の第1話に出演することがわかった。

沢口靖子主演の人気ミステリーとして新シリーズに突入する『科捜研の女』。里吉は本作がドラマデビュー作となった。なお、第1話では大久保佳代子がメインゲストとして登場することもすでに発表されている。

No image

里吉うたの(『科捜研の女』season20 第1話より)

里吉が演じるのは、10年前、山岳部の登山練習中に滑落死した女子高生・河合範子。彼女の死はすでに事故として処理されていたが、大久保演じる元非常勤講師・星名瑠璃が突然、殺害したのは自分だと自首してくる。

瑠璃はなぜ今になって自首してきたのか、そして本当に範子を殺したのか…!?  科学で供述を裏付けるべくマリコたちは鑑定を開始するが、浮かび上がってきたのは“女優みたいに華やかな名前を持つ、地味な女”=瑠璃の歪んだ感情と意外すぎる真実だった──というストーリー。

現在20歳の里吉は、小学生のころから『科捜研の女』にハマっていたという筋金入りのファン。動画やイベント、SNSでもドラマへの愛を発信し続け、それらが制作陣の目に留まったことが出演のきっかけになった。

No image

里吉うたの(『科捜研の女』season20 第1話より)

もしもひとつだけ鑑定を体験できるとしたら、どんなことをやってみたい?という問いには、“うーん…私が好きなのは歩容認証(※歩く姿で個人を認証するシステム)と成傷器鑑定(※遺体の損傷から凶器を特定する鑑定)なんですけど… (笑)”と悩みつつ、“歩容認証で、自分が歩く姿を見てみたいです! 歩くときの自分のクセを科学的な観点から見つけるのも面白そう”と、マニアックな視点でコメント。

その他、あり余る『科捜研』愛とドラマ出演に関するインタビューコメントも寄せられているので以下にお届けしよう。

No image

里吉うたの(『科捜研の女』season20 第1話より)

里吉うたの(BEYOOOOONDS)コメント

──『科捜研の女』にハマったきっかけを教えてください!

里吉うたの:

ハマったのは小学生のときです。学校から帰るとちょうど再放送をやっていて、お留守番中に見ていたら面白さに夢中になりました。とにかく、科学捜査でひとつひとつ証拠を見つけていく過程が大好き! 私は数学など答えが定まっているものが好きなので、確固たる科学的証拠が見つかるところにスカッとするんです。指紋や音声の鑑定でピタッと結果が合致する瞬間は、音楽の効果も相まってゾクゾクしちゃいます(笑)。

──今回のオファーを受けたときの率直な気持ちを教えてください。

里吉うたの:

事務所のスタッフの方々から、サプライズで教えてもらったんです。まったく違う動画の撮影をしていたとき、くじ引きするシーンがあったのですが、引いたくじを開いたら“里吉うたの、『科捜研の女』出演決定!”と書いてあって、一瞬、頭が真っ白になりました。腰がぬけちゃったので、カメラ的にはあまりよろしくないリアクションになってしまったのですが(笑)、こんなに早く夢がかなうとは1ミリも思っていなかったので、『科捜研の女』が大好きって発信してきてよかったなと思いました。私があまりにビックリした顔で楽屋に戻って来たので、メンバーの平井美葉ちゃんが「もしかして『科捜研』…?」っていち早く気づいてくれて、自分のことのように喜んでくれました。母も大ファンなので、報告したら「うわぁぁぁっ!」って、いつもの50倍ぐらい大きな声をあげていました(笑)。

──撮影はいかがでしたか?

里吉うたの:

夢がかなってうれしい気持ちももちろんあったのですが、ドラマ撮影自体が初めてだったのでやっぱりひとつひとつ勉強させていただこう、という気持ちで臨みました。山の中でのロケで、緊張感あるシーンも多かったので集中してやらないと…とも思いました。

──被害者の女子高生・範子役を演じる上で気をつけたところは?

里吉うたの:

私たちはストーリーを演じながらパフォーマンスをするグループ。歌いながらわかりやすい表情や仕草でパフォーマンスをしているのですが、今回は高校生役ということもあり、自分の高校時代を思い出しつつナチュラルな感じでオーバーにならないように演じました。でもナチュラルだけでは伝わらないこともあるので、バランスが難しいなと思いました。

──共演シーンはなかったようですが、沢口靖子さんにもお会いしたとか?

里吉うたの:

はい!! すごーーく感激したのですが、それをうまく出すことができずに固まってしまいました…。人間って喜びが度を超えると固まってしまうんだってことが、はじめてわかりました。そんな私にもやさしく接してくださって、すごくうれしかったです。科捜研のラボのセットも見せていただいたのですが、亜美ちゃんの寝袋や呂太くんのお菓子があったり、ホンモノの機材があったりしてすごくワクワクしました。

──もしもひとつだけ鑑定を体験できる…ということになったら何をやってみたい?

里吉うたの:

うーん…私が好きな鑑定は歩容認証と成傷器鑑定なんですけど…選ぶの難しいですね…(笑)。でも、歩容認証で自分が歩く姿を見てみたいです! 私は小さい頃からダンスをずっとやってきたのですが、動画を撮って自分の踊りのクセを見つけて直していくので、歩くときの自分のクセを科学的な観点から見つけるのも面白そうだなと思います。

──主人公・マリコの好きなところは?

里吉うたの:

真実に向かって一直線で、鑑定のこととなると周囲を振りまわしてしまうところが好き。風丘先生(若村麻由美)がマリコさんに振りまわされるシーンには「あぁ、『科捜研』だな~」ってニンマリしちゃいます(笑)。あとは、捜査のために着ぐるみ姿になったり、お茶目でかわいらしいところも大好きです。

──ほかに好きなキャラクターはいますか?

里吉うたの:

みなさん大好きなのですが、(橋口)呂太くんと(涌田)亜美ちゃんの、ワンちゃんとネコちゃんみたいな関係性に癒されます。クスっとなるポイントだなと思って、毎週、お2人の絡みを楽しみにしています。もしちょっとでも科捜研のメンバーになれるとしたら、亜美ちゃんの下について“Ami special(※亜美が自作した解析プログラム)”についてたくさん教えてもらいたいです!

──視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

里吉うたの:

大好きな作品で一生懸命、演じたので見てくださったらうれしいです。私自身も第1話を見るのが楽しみですし、今回の経験をグループのパフォーマンスにも生かしていきたいです!

番組情報

『科捜研の女』season20

2020年10月22日(木)スタート!

毎週木曜 20:00~20:54放送

第1話あらすじ

「10年前に人を殺しました。逮捕してください」

──京都府警に地味な雰囲気の女が自首してきた。土門薫刑事(内藤剛志)や蒲原勇樹刑事(石井一彰)が事情を聴いたところ、その女、星名瑠璃(大久保佳代子)は10年前、非常勤講師として勤めていた女子高の生徒・河合範子(里吉うたの)を、山岳部の登山練習中に滑落死させてしまったと話す。

きっかけは当時、反抗的だった範子を思わず平手打ちしてしまったこと。瑠璃は、体罰を校長に告発すると脅す範子を制止したい一心で彼女を追いかけたところ、滑落させてしまったと告白。なぜ今になって自首したのかと問う土門に対し、当時は恐怖のあまり打ち明けることはできなかったが、教師としての道も開けずパッとしない毎日を送るうち、人生を諦観して出頭したと心情を吐露する。さらには、自分は女優みたいな名前を持ちながら、人生で一度もスポットライトを浴びたことがないと、ネガティブなつぶやきをもらす…。

藤倉甚一刑事部長(金田明夫)から、彼女の供述を科学で裏づけてくれと要請された榊マリコ(沢口靖子)ら京都府警科捜研のメンバーは、10年前の鑑識試料を鑑定。被害者の腕時計に、犯人のものらしき血液が付着していたことを突き止める。だが、照合のため瑠璃にDNAの提出を求めたところ、彼女は突如、被害者の血痕がついたザイルを山中に埋めたと言い出し、それさえ見つかれば自分が範子を殺害した証になると主張しはじめる。証拠品となるザイルの捜索のため、そして範子が身に着けていた“カラビナ”の状態を確認するため、マリコは事件現場となった岸壁に赴き、自ら宙づりになってみるのだが…!?

一方、土門は当時の担任教師・渡辺順吾(池下重大)、山岳部の顧問だった井ノ口聖子(あめくみちこ)、範子とコンビを組んでいた部活仲間・野田由香(高田夏帆)らに事情を聴くが、瑠璃が自首したことを聞いた彼らはそれぞれ異なる反応を示して…!?

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加