内田有紀「華麗なる一族」愛人役に苦労「撮影前日は半べそかいて稽古」

内田有紀「華麗なる一族」愛人役に苦労「撮影前日は半べそかいて稽古」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/06
No image

会見に登壇した内田有紀。後ろは美村里江=都内

女優の内田有紀(45)が6日、都内で行われたWOWOW開局30周年記念「連続ドラマW 華麗なる一族」(18日スタート。日曜、後10・00)記者発表に出席した。俳優の中井貴一(59)、向井理(39)、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(33)、吉岡里帆(28)ら万俵家が全員集結した。

過去4度映像化された、山崎豊子の傑作小説が原作。高度経済成長期に富と権力獲得の手段として閨閥(けいばつ)を張り巡らす銀行頭取・万俵大介(中井)を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれる。

今まで明るい役柄が多かった内田は、大介の愛人役を演じ苦労も。「撮影の前日は半べそかいて稽古してました。でも後半は、闇の部分とかサディスティックな部分があるんだなと、気持ちよくなっていきました」と新境地に至ったことを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加