巧妙すぎる!? 不倫カップルが使う“4つの隠し方&見破り方”

巧妙すぎる!? 不倫カップルが使う“4つの隠し方&見破り方”

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2021/04/16
No image

芸能ニュースを見ていると、不倫騒動ニュースが常時流れてきます。しかし、その中には長年不倫を続けていた人もしばしば。

「今までどうやって関係を隠してきたのだろう?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?

実は芸能界に限らず、一般人においても上手く不倫関係を続けているカップルは少なくないのが現状です。

では、不倫がバレずに関係を続けてきたカップル達は、バレないためにどのような対策を取っているのでしょうか?

また、不倫されたくないと考えている女性はどうやって相手の浮気を見破ればいいのでしょうか?

この記事では、不倫カップルがバレないように考えている対策について、さらに男性の浮気を見破る方法について紹介していきます。

コロナ禍でさらに急増? 不倫カップルがこっそり行う証拠隠滅方法とは

1: LINEでやり取りをしない

LINEはアプリのため、やり取りをすると通知がトップ画面に表示されてしまい、不倫関係がバレてしまいがち。

そこで、不倫中の男女はgmailなど他のメール機能や、SNSのDM機能などを使うといったカップルも。または、携帯の機能で通知が来ないように設定しているというカップルもしばしば。

LINEを使う場合は、トークルームの通知機能をオフにさえすれば、トップ画面にやり取りが表示されない状態でLINEのやり取りをすることが可能です。

多少面倒ではありますが、バレないための対策を考えるのが不倫カップルです。また、メールのやり取りは証拠隠滅のためにすぐ消すよう周知しているカップルも少なくありません。

2: 不倫相手から電話があった時は「オンライン会議」と誤魔化すことも

近年、コロナ禍に伴いリモートワークをする企業が増えています。

「外出できないなら、不倫を隠すのが困難になっているのでは……」と思う人もいるかもしれませんが、不倫カップルは障害があればあるほど燃えますし、さらにその状況のなかでどうやって仲を深めるかを考えていきます。

なお、コロナ禍で不倫続行中の男性のなかには、不倫相手からの電話があって、部屋にこもる時は「急遽、オンライン会議が始まることになって……」「会社から電話があった」などなど、会社を理由に言い訳するなんてケースも。

どうやら不倫をする人は、おこもり中の現在でさえも、あの手この手を考え言い訳を作っては逃げ切っているようです。

3: プレゼントは「残るもの」を選ばない

不倫カップルは、相手にプレゼントをする際に、指輪、アクセサリー、バッグなどモノとして残るものを絶対に選びません。

誕生日祝いなどのプレゼントをする時は、豪華なディナーや、ランチなど、形に残らないものを選びます。

また、男性の中には女性の気を惹くために、不倫相手にプレゼントするディナーやランチはなるべくお金をかけるといったタイプも少なくないようです。

4: デート中は、SNSを使ってアリバイを演出

これは現在、不倫中の女性による話ですが、不倫デート中はあえて他の日に友達と出かけた写真をインスタグラムに投稿し、アリバイを演出するのだとか。

たしかに、その日に別の用事で出かけた写真を利用して「○○行ってきました」と書かれていたら、誰だって疑わないものですよね。

SNS時代ならではの巧みなアリバイ工作だなと、実にゾッとしますね。

浮気や不倫を見破るコツは?

カモフラージュする人はあの手この手を使って証拠を隠滅しようとしますが、無理はいつまでも続きません。

とくに心にやましいことを抱えている人は、浮気や不倫をしている時に不自然な行動や言動をとってしまいがち。

また、いつもとあえて違う行動や言動が増えるケースも多く、隠そうとすればするほどボロが出るものです。

見破るコツは、今までと生活パターンが異なる、趣味や言動が変わるなど、相手に何かしらの変化があるかどうかを見極めることです。

もし、「いつもと違う」と少しでも感じる行動、言動があれば注意深く観察していくといいでしょう。

もし、相手の浮気が発覚した時には、その後の関係をどうしていくのかといった決断も大事です。

そもそも浮気するような相手であれば、あなたに対して本気ではない証拠。ここは思い切って、相手と別れるのもひとつの手段と言えそうです。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加