大御所歌手、夫への誕生祝いは懐かしの「バニー・ガール姿」

大御所歌手、夫への誕生祝いは懐かしの「バニー・ガール姿」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

米カントリー界のレジェンド、ドリー・パートン(75)が、20日に79歳になった夫のカール・トーマス・ディーン氏の誕生祝いに“若い頃のバニー・ガール姿”を再現したとして話題になっている。

夫妻は1966年に結婚。ドリーは78年、バニー・ガールのスタイルで男性誌「プレイボーイ」の表紙を飾ったことがある。当時、女性のカントリー歌手としては初めてのカバーガールとして話題になった。75歳になったら「プレイボーイ・スタイルをまたやるから」と約束してきたが、夫へのバースデープレゼントという形で実現させた。

暖炉のあるリビングのソファに座ってくつろぐ夫の前に、当時の雑誌を貼ったボードを手にバニー・ガール姿で登場。「夫はいつもプレイボーイのオリジナルのカバーを愛していたので、私は彼を幸せにするために何かを考えようとしていたの」と話した。

代表曲は「ジョリーン」。また、ホイットニー・ヒューストンが歌ってヒットした「オールウェイズ・ラヴ・ユー」はドリーの作詞作曲で、オリジナル歌唱者として知られる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加