ソフトB・デスパ&中村晃2者連続アーチ ついに難敵・滝中攻略

ソフトB・デスパ&中村晃2者連続アーチ ついに難敵・滝中攻略

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇パ・リーグ ソフトバンク―楽天(2022年8月5日 ペイペイD)

No image

<ソ・楽>5回、2ランを放ったデスパイネはベンチ前でお決まりのパフォーマンス(右は柳田)(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンク・デスパイネ、中村晃の2者連続アーチでついに、難敵を攻略した。

相手先発の滝中には今季2戦2敗。通算でも8試合で5敗を喫してきた。その鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように2―1の5回無死一塁、デスパイネが右中間へ6号2ラン。ベンチ前では一塁走者だった柳田と「デスパポーズ」を決めた。初回に適時二塁打を放ち、3回は左前打。サイクル安打に王手を掛け、「ギータ(柳田)がチャンスメークしてくれたので何とか生かそうと思った。最高の形で追加点を取ることができてうれしいよ。あとは3ベースヒットだね」と笑顔でコメントした。

興奮冷めやらぬ雰囲気の中、続く中村晃が右翼テラスへ3号ソロを放ち、「気楽に打つことができた結果、ホームランにつながったと思う。デスパに続くことができて良かった」。この2発で滝中をマウンドから引きずりを下ろした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加