横浜・ゆめが丘に延床約10万平米の大規模集客施設 24年夏開業

横浜・ゆめが丘に延床約10万平米の大規模集客施設 24年夏開業

  • Impress Watch
  • 更新日:2022/11/25
No image

相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは12月1日、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅前の「ゆめが丘大規模集客施設」の本格的な建設工事に着手する。街区面積約43,000m2、延床面積約96,800m2、約140店舗の施設で、2024年夏の開業を予定している。

両社はゆめが丘駅前の集客施設開発事業者として、泉ゆめが丘センター地区地権者会から選定され、新たな駅前拠点市街地として計画的な街づくりを進めることを目的とした、約24haに及ぶ「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」の一環として、同施設を開発している。名称は未定。

No image
No image

また、相鉄グループは今後、泉ゆめが丘地区土地区画整理事業のエリア内において、分譲・賃貸マンションの建設、ゆめが丘駅のリニューアル、駅周辺の高架下空間の開発などを予定している。

No image

土地利用計画図(赤枠部分が大規模集客施設)

所在地は横浜市泉区。規模は地上3階建と地上1階建。店舗面積は約42,700m2。1階建の施設に屋上駐車場が設置されるほか、立体駐車場棟も計画されている。

加藤綾

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加