合同稽古は25日から両国で PCR検査は1度/大相撲

合同稽古は25日から両国で PCR検査は1度/大相撲

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/15
No image

両国国技館外観

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は14日、11月の九州場所(14日初日、福岡国際センター)へ向けた合同稽古を25日から4日間、東京・墨田区の両国国技館内の相撲教習所で実施すると発表した。感染症対策のため部屋を行き来する出稽古の禁止が継続されている中、合同稽古は他の部屋の力士と稽古をする唯一の機会となっている。

また、九州場所入りに伴い、親方や力士ら全協会員を対象としたPCR検査は当初2度を予定していたが、28日の1度となった。検査で陰性が確認された後、部屋単位による福岡への移動は11月5日以降とされた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加