左近山団地 鳥羽市市長が訪問 役所と地域の連携学ぶ〈横浜市旭区〉

左近山団地 鳥羽市市長が訪問 役所と地域の連携学ぶ〈横浜市旭区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

三重県鳥羽市の中村欣一郎市長が7月21日、左近山団地を訪れ住民や権藤由紀子区長、横浜国立大学の学生らとの交流会が行われた=写真。

中村市長が左近山団地を訪れたのは2回目。一度目は横浜国立大学の落合佑飛さん(3年生)が大学の授業の一貫で中村市長を表敬した際に、左近山団地を勧めたことをきっかけにプライベートで訪問したという。その際、活気ある左近山の地域性に感銘を受け、今回は市の職員を連れて訪れた。

中村市長は「鳥羽市の人口は、約8000人の左近山団地の人口を倍にしたくらい。高齢化も進み課題が多い分、役所と地域の連携が参考になる」と話した。中村市長に左近山を紹介し、交流会を企画した落合さんは「地域の方の協力で開催できた。形になってうれしい」と語った。

No image

タウンニュース旭区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加