「ゲーミング家具」開発にゲーマーの願い 「光ってほしい」「腰に優しく」「赤黒イヤ」

「ゲーミング家具」開発にゲーマーの願い 「光ってほしい」「腰に優しく」「赤黒イヤ」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/09/15

「ゲーミング家具」。多くのゲーマーが好奇の目を向ける新たなアイテムが誕生する。

No image

家具販売大手「IKEA」と台湾の電子機器メーカー「ASUS」のゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」がコラボレーション。2020年9月15日の発表によると、21年2月に中国で発売し、同年10月までに各国で展開予定。現段階では詳細不明で、神秘のベールに包まれた新ジャンルの「家具」の正体を巡り、ツイッター上でさまざまな意見が飛び交っている。

ゲーミングと言うからにはLED...

IKEAの発表資料によると世界の人口の約4分の1(25億人)はゲーマーだが、家庭用家具に関するゲーム愛好家のニーズはこれまで見過ごされてきた。そこで「手頃な価格の新しいゲーム用家具やアクセサリー」約30製品を開発中だという。

ツイッターでは、

「どんなおしゃれな家具が出ても構わないが、光ってほしい タンスや机、お皿とか光ってほしい」「ゲーミング家具ってソファやローテーブルやカーペットがレインボーに光り輝いたりするの?」

と、非常に多いのが「光る」ことへの意見だ。「ゲーミング」に「LEDで光る」という意味はないはずだが、ゲームで遊ぶ際に使う機器にはLEDが内蔵されていることが多く、ゲーム総合情報メディア「ファミ通」も、

「マウスやキーボードといったゲーミングデバイスにLEDを搭載した製品が多いことから、一部の界隈ではLEDで光るアイテムを"ゲーミング○○"と呼称する。冗談のようではあるが、愛好家が多いのもまた事実」

と解説している。20年8月に「7色に光るマウスカバー」が発売された際も、「ゲーミングマスク」として話題に。界隈では「ゲーミング」という語句を冠すると漏れなく「光る」イメージが付随するようだ。

半面、「光らない落ち着いた木目調のお願いします」、「机やら椅子やらゲーミングと名の付く道具を使ってますが多少弄って蛍光部分を全部取り外して使っています」との声も。

昭和の懐かしいテーブルゲーム思い出す人

家具メーカーが開発を手がけることから、機能面に期待を寄せる投稿も多い。「腰に優しくて安いゲーミング家具」、「ストレッチしやすくて疲れない椅子、ドリンクホルダーやご飯食べるスペースがあって稼働させることができる机」と、ゲームプレイに長時間没頭できるものを求めている。日本向けで考えるなら「ゲーミングコタツ」はどうかとの提案も。

さらにカラーリングへの要望も出ている。これまでに販売中の「ゲーミング○○」アイテムには「赤と黒」の取り合わせになる傾向が強いようで、「あのカラーリングじゃなきゃ全然買う」、「赤と黒ばっかりで微妙なので白いゲーミング家具もだしてほしい」というのだ。

昭和の世にあった「ゲーミング家具」を思い出す人もいる。ゲームメーカー・タイトーのゲームセンター「タイトーステーション」ファンに向けて情報発信するアカウント「タイステぷらす【タイトー公式】」が9月15日にツイートで紹介した、テーブルゲーム機だ。「昭和の喫茶店にあったテーブル(家具)」、「テーブル筐体だから家具と言えば家具」と「ゲーミング家具」認定する声が上がっている。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加