【9月16日のエール】第68話 創作に行き詰まる五郎と梅、ふたりが話した内容とは?

【9月16日のエール】第68話 創作に行き詰まる五郎と梅、ふたりが話した内容とは?

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

2作目の小説がなかなか書けない梅(森七菜)

窪田正孝が主演のNHK連続テレビ小説「エール」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。9月16日は第68話が放送される。若いふたりはそれぞれの作品に立ち向かうのだが…。

古山家に居候して作曲家を目指す五郎(岡部大)は、裕一(窪田正孝)から作曲のコツを教わる。「頭ではなく心で感じること」と聞いて、五郎は思いを巡らせて作曲に挑戦する。しかし書いても書いても以前聞いたことがある曲に似てしまい、なかなかうまくいかない。梅(森七菜)も2作目の締め切りに向けて原稿用紙に向き合うが、何も書けない日々が続いていた。ある日、梅は五郎と創作について話をするが…。

朝ドラ102作目の「エール」は全国高校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」や「六甲おろし」で有名な昭和の音楽家・古関裕而とその妻をモデルに描くオリジナルストーリー。少し気弱で天才肌の作曲家と、明るく行動力あふれる運命の女性が出会い、夫婦二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。6年11作ぶりとなる男性の主演を窪田正孝、その妻のヒロインを連続テレビ小説初出演の二階堂ふみが演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加