権力誇示のため「イベルメクチン」をコロナ薬として承認せぬ厚労省のカン違い

権力誇示のため「イベルメクチン」をコロナ薬として承認せぬ厚労省のカン違い

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2021/02/22
No image

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士によって開発され、新型コロナウイルスの治療薬としても期待されている抗寄生虫薬「イベルメクチン」。しかし、その期待とは裏腹に、新型コロナの治療薬の承認は遅々として進んでいません。今回のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』では元国税調査官で作家の大村大次郎さんが、この「イベルメクチン」承認遅れをめぐる厚労省の思惑や裏側を暴露しています。

※本記事は有料メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』2021年2月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

初月無料のお試し購読はこちら

なぜ「コロナの特効薬」イベルメクチンは緊急承認されないのか?

イベルメクチンという薬名をご存じでしょうか?イベルメクチンというのは、抗生物質の一つであり、回虫駆除などのための薬として使われています。

そしてノーベル賞を受賞した日本の大村智氏の発明がもとになっている薬品でもあります。

【関連】新型コロナにも効果か。イベルメクチン開発の大村智氏が忘れぬ恩

このイベルメクチンは、昨今、新型コロナに効くとして世界の国々の医療機関から評価されています。

アメリカの研究機関ではイベルメクチンを投与することにより、新型コロナ患者の死亡率が6分の1に下がったという研究を発表していますし、オーストラリアの医療チームも似たような研究発表をしています。

またペルー、インド、イラクなど、実際に国民にイベルメクチンを投与した国では、軒並み効果が実証されています。

しかも特筆すべきことに、このイベルメクチンは、予防効果もあるという実験結果があるのです。

あらかじめイベルメクチンを投与することで、新型コロナへの感染を防げる可能性があるということです。それもかなり高い割合で、です。

日本の感染症の最先端機関である北里研究所でも、ホームページでイベルメクチンの有効性について詳しく公表しています。

【関連】実用化も間近。コロナ治療の切り札、日本発イベルメクチンの実力

そして、ワクチンとの安全性や有効性の比較も載せています。これは「ワクチンは将来の安全性や有効性が確立されていないまま緊急承認されているのに、なぜ安全性や有効性が確立しているイベルメクチンは承認されていないのか?」ということを暗に訴えています。

日本の最新PCR検査機器をなかなか承認しなかった厚生労働省

しかし、しかし、です。

例のごとく、厚生労働省がなかなかこのイベルメクチンを新型コロナ治療薬として承認しようとしないのです。

このメルマガでも何度かご説明しましたが、厚生労働省という官庁は本当にどうしようもないところなのです。

厚生労働省は、コロナ禍において目を覆いたくなるような失態をいくつも犯しています。

つい最近も本来6回分使用できるワクチンを、注射器の違いにより日本では5回分しか使用できないということが明らかになりました。

しかもこれが判明したのは、ワクチンが到着する直前です。まさに素人としかいいようのない凡ミスです。厚生労働省というところは、そういうところなのです。

またこのメルマガの2020年6月1日号でご紹介しましたが、日本の医療機器メーカー「プレシジョン・システム・サイエンス」は、PCR検査において手作業で行われている部分の多くを自動化し、早く正確に判断できる「全自動PCR検査システム」を早くから開発していました。この「全自動PCR検査システム」は、これまで一つの検体の判定に6時間かかっていたところを、たった2時間で8検体または12検体の判定が可能になるという優れものだったのです。

このPSS社は、フランスのメーカー「エリテック社」に技術供与しており、エリテック社製のPCR機器はフランスの医療現場で採用され大活躍し、PSS社は、駐日フランス大使から感謝状をもらっています。

しかし、なんと日本の厚生労働省は、医療機器として長らく認可しなかったのです。新型コロナの被害が拡大し、政府が非常事態宣言を発出したあとも、なかなか認可されず、第一波が収束した去年の8月になってようやく日本国内で販売ができるようになったのです。

それが「PCR検査の技術において日本が遅れている」という状況を作り出しているのです。

なぜ厚生労働省は、このような嫌がらせのようなことをし、国民全体の被害を大きくしているのでしょうか?

【関連】国民の命より開業医の利権。コロナで物言う日本医師会の正体とは

厚労省が嫌がらせを続ける「本当に情けない」理由

それは厚生労働省の権力を誇示するためです。そして関係業界などをひれ伏せさせ、天下りなど様々な利益供与を受けるためなのです。

日本の医療機器や新薬の承認は、諸外国に比べて非常に遅いということがよく指摘されます。

日本の新薬承認が遅い最大の理由は、厚生労働省がその権威を見せつけるために、もったいぶっているからなのです。

許認可というのは、日本の省庁にとって、もっとも重要な権限だといえます。そして新薬の承認というのは、厚生労働省の中でもその権威の源泉です。製薬業界、医療界全体に睨みを利かせ、天下り先を確保するためのもっとも重要な武器なのです。

だから厚生労働省は、国民の生活がどれだけ不自由になろうと、新型コロナの被害がどれだけ拡大しようと、自分たちの権威、権益を最優先しているのです。

その一方で、アメリカ由来の薬品などは簡単に承認されるのです。ファイザー製薬がつくったワクチンが短期間で承認されたのはご存じのことと思います。

このほかにも、アメリカの製薬メーカーがつくった「レムデシビル」も、非常に短期間で特例承認されました。レムデシビルはもともとはエボラ出血熱のために研究開発された薬で、重篤な新型コロナ患者に有効性が認められています。

しかし、現在、レムデシビルは新型コロナの治療現場ではそれほど使われていません。厚生労働省がどれだけ卑屈で愚鈍な組織かということです。

厚生労働省は権威や権益を捨てろ!

イベルメクチンがどれだけ新型コロナに役に立つのか、筆者は医療の専門家ではないので、それを詳しく説明することはできません。しかし、世界中に評価されていることは間違いないのです。

先日、東京医師会も「自宅で療養している感染者などにイベルメクチンを投与するべき」という声明を発表しました。

医師会は開業医ためのの団体であり、新型コロナ治療の第一線で働いていないものばかりということは前にご説明しましたし、医師会の存在もまた日本の医療を歪めているものでもあります。

が、医師会というのは、新型コロナがこれ以上拡大すれば自分たちに火の粉が降りかかってくるわけであり、火の粉がかからないように必死なわけです。

しかも、一応、医療のスペシャリストです。その彼らが、イベルメクチンをもっと活用せよと言っているのだから、「本当に有効」だということがいえるでしょう。

ワクチンは、接種して数か月間の安全は保障されていますが、数年後、数十年後の安全はまだ保障されていません。

しかし、イベルメクチンは、ワクチンと違って、数年後、数十年後の安全も保障されていますし副作用のことも詳細にわかっています。

またイベルメクチンは、ワクチンよりも安価であり、途上国でも入手しやすいのです。だから世界を救う可能性も秘めているのです。

しかもイベルメクチンは日本人の発明由来のものです。なぜ日本政府は、厚生労働省は、このイベルメクチンを後押ししないのでしょうか? 国が本腰を入れて動けば、新型コロナの流れを大きく変える可能性もあるはずです。

ワクチン接種をやめろとかそういうことを言っているのではありません。ワクチン接種を進めながら、イベルメクチンの実用性を探ることも全然できるはずなのです。

厚生労働省は、自分たちの権威、権益を守ることをやめ、本当に国民のために動けよということです。

初月無料のお試し購読はこちら

初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー

「相続税対策としての生命保険」「日本に民間病院が多い驚愕の理由」「本能寺の変~光秀と信長の経済対立~」(2021/1/16)

「なぜ日本はコロナ重症者が少ないのに医療崩壊に瀕しているのか?」「サプリ、栄養ドリンクも医療費控除の対象に」(2021/1/1)

【新年特別号】元国税が教える「2021年版 節税の裏ワザ」税金還付は最強の財テクだ(2021/1/1)

「“生命保険は掛け捨てがいい”という大誤解」「会社と社員の新しい形”業務委託契約”とは?」(2020/7/16)

「新型コロナ対策を遅らせた官僚の天下り」「ソフトバンク・ショックは起こるのか?」(2020/7/1)

「『鬼滅の刃』制作会社の脱税」「持続化給付金は天下りの温床」(2020/6/15)

「新型コロナ関連の減税」「なぜアビガンはなかなか承認されないのか?」(2020/6/1)

「フリーランス、中小企業は持続化給付金を忘れずに」「新型コロナの本当の死者数とは?」(2020/5/16)

「なぜ日本はICU(集中治療室)が少ないのか?」(2020/5/1)

「情報商材の脱税」「税務署は平気で納税者を騙す」(2019/12/16)

「富裕層の課税漏れ」「かんぽよりひどい!税務署員のノルマ」(2019/12/1)

MAG2 NEWS

大村大次郎『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加