ローランド、オールインワンの音楽制作ツール「VERSELAB MV-1」を発表

ローランド、オールインワンの音楽制作ツール「VERSELAB MV-1」を発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/12
No image

ローランドは、最新のヒップホップやR&Bなどのエレクトロニックミュージックのトラックメイキングに必要な機能を1台に集約した音楽制作ツール「VERSELAB(バースラボ MV-1」を2021年1月23日に発売する。価格はオープン、市場想定価格は税込で77,000円前後。

ローランド、ビートメイク/ドラムサウンドにフォーカスした3製品を発表

「VERSELAB MV-1」はヒップホップやR&Bなどの楽曲制作を1台で完結できるツール。本体に最新音源システム「Zen-Coreシンセシス・システム」のサウンド、ヒップホップに欠かせないリズム・マシン「TR-808」のサウンドのほか、ボーカル専用エフェクト(音声加工機能)などを搭載し、音楽制作用のプラグイン音源やソフトウェアを提供するクラウドベースのコンテンツサイト「Roland Cloud」を利用して、最新トレンドのサウンドを取り込んだり、好みのジャンルに特化したサウンドの強化も行える。サンプリング機能を搭載しているので、好みの音を取り込んで使用することも可能。

また、発売後のアップデートで対応となる音楽制作アプリ「Zenbeats」と連携することで、「Zenbeats」上で「VERSELAB MV-1」の曲やバウンストラックをミックスしたり、「Zenbeats」上のプラグインインストゥルメントやプラグインエフェクトを使用するといったことが行える。

サイズはW354×H60×D208mm。質量は1.165kg(ACアダプターを除く)。本体のほか、ACアダプター、SDカード、SDカードプロテクターなどが付属する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加