新曲が30年間で最大級の爆死!ドリカム中村の「早く買って」にブーイング

新曲が30年間で最大級の爆死!ドリカム中村の「早く買って」にブーイング

  • アサジョ
  • 更新日:2021/10/14
No image

ドリカムこと日本を代表する音楽ユニット、DREAMS COME TRUEの新曲がグループのブレイク以降、最大級の爆死。メンバーの中村正人が自身のブログで「PS 必死のパッチ・マサからのお願い」と題して「NEWシングルのCD、ご購入をお考えのベイビーズはなる早のご購入をお勧めします」と呼びかけた。しかし、それが思わぬ批判を呼んでしまったとか。

【関連記事】中村獅童のモテトークをなぜ放送した?「TOKIOカケル」にブーイング

「9月22日にリリースされたドリカムのニューシングル『次のせ~の!で─ON THE GREEN HILL─』は『おーいお茶』のタイアップソングなのですが、10月4日付のオリコン週間ランキングで初登場20位。翌週には35位に下がりましたから、この20位が最高順位だとすると、ドリカムがブレイクした1990年以降の31年間で純粋な新曲としては最低の順位。ベスト10を外したのがこの曲以外に1曲しかありませんから、中村さんが焦ったのも当然かもしれません。なので、ファンに早く買ってくださいと半ばあきらめの境地で発信したんだと思います。ところが、ドリカムほどのグループですから根強いファンは数えきれないほどいます。この中村さんの呼びかけに対して、『あと2枚買います』など複数枚購入をほのめかす人や、実際に再購入した人たちの声が聞かれた。しかし、それが問題のようなんです」(芸能ライター)

ファンの温かい反応に中村は「あんなことまで言うべきかめちゃめちゃ迷ったけど、伝えてよかった」とコメント。でも、複数購入を呼び掛ける意図はなかったのか、「CD何枚も買ってくれた人も多数だし、その気持ちにこれまた大粒の涙。ありがとうね。もう買っちゃだめだよ」と自責の念にかられたかのような言葉もつづっていた。しかし、それは後の祭り。ドリカムほどのアーティストがアイドル商法まがいのやり方でCD購入を促したことで、「何とか坂みたいなことするなんて情けない」「純粋にあまりいい曲じゃないと思った。だから売れてないのでは?」「サブスク時代にチャートは無意味だし、もうドリカムの時代が終わったと認めたほうがいい」と、辛らつな声が集まってしまったとか。

「サブスクでの再生回数、YouTubeなどのPV再生回数がチャートや売り上げに大きく影響する今は、海外のベテランなどはシングルヒットを出すこと自体あきらめてますし、そんな状況の中では新たなアルバムを作る意味もないと発言しているアーティストもいます。80~90年代を席巻したある超有名シンガーは、今のミュージックシーンでは音楽作りが楽しくないとも言っていましたし、ひょっとしたら日本を代表するドリカムもそちら側の古き良き音楽シーンの在り方を捨てきれないタイプかもしれませんね。

今回の呼びかけに対する批判は本当に多くて、中村さんも感謝は述べていましたが、買ってない人は早く買ってくださいね~ぐらいの呼びかけがまさかの誤解を生み、多くのファンに複数購入させたことで申し訳ない気持ちになったと推測することもできそうです」(前出・芸能ライター)

この懇願ブログのおかげか、9日のオリコンデイリーランキングでは8位に急浮上。また、新曲動画の再生回数は20万回に迫る勢い。まだまだドリカムの音や声を必要としている人は多いということ。今後は躍起になって時代に追いついてチャート順位を上げるか、そんなことは無視して自分たちの音楽を作り続けるか、ドリカムはある意味で分岐点に立っているのかもしれない。

(塚田ちひろ)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加