ディズニープラスにアジアのコンテンツが続々、BLACKPINKジス出演作も

ディズニープラスにアジアのコンテンツが続々、BLACKPINKジス出演作も

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/10/14

ディズニープラスのAPACコンテンツ・ショーケースが、本日10月14日に東京・八芳園で行われた。

No image

左からアニメーション責任者の八幡拓人、ウォルト・ディズニー・ジャパン代表取締役社長のキャロル・チョイ、オリジナル コンテンツ エグゼクティブ ディレクターの成田岳。

すべての画像を見る(全9件)

No image

ディズニープラスはディズニーがグローバルで展開する動画配信サービス。日本では10月27日より新たなブランド・スターが追加され、ラインナップが大幅に拡充される。このたびのイベントではアジア太平洋地域(APAC)のコンテンツが発表された。

No image
No image

柳楽優弥主演作「ガンニバル」、松尾諭のエッセイをドラマ化した「拾われた男」が配信されるのは既報の通り。さらに日本からはSFアクションアニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」、森見登美彦の小説をもとにしたサイエンスSARUの新作アニメ「四畳半タイムマシンブルース」がラインナップに並び、スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のアニメ化計画も発表された。なお「四畳半タイムマシンブルース」は、劇場作品版として再編集されて上映予定。ディズニープラスのみのオリジナルエピソードも配信される。

韓国の作品は、チョン・ヘインBLACKPINKのジスが共演したメロドラマシリーズ「Snowdrop」、キスで未来を見る能力を持つ女性が主人公の「Kiss Sixth Sense」ほかが登場。グレーター・チャイナ(中国・香港・台湾)からはグイ・ルンメイ主演の「台北女子図鑑」、時代劇ドラマ「Joy of life」の続編にあたる「慶餘年」が取り扱われ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア / ニュージーランドの作品も選出された。

ウォルト・ディズニー・カンパニーのAPACコンテンツ&デべロップメント責任者を務めるジェシカ・カム-エングルは「才能あふれる各地域のクリエイターを世界に紹介できることをうれしく思います」とコメント。ウォルト・ディズニー・ジャパンのオリジナル コンテンツ エグゼクティブ ディレクター成田岳は「世界最高のストーリーへの扉を開くプラットフォームへと、ディズニープラスを進化させることができる」「クリエイターと世界の橋渡しの役割を果たしたい」と声を弾ませた。

なお、ディズニープラスで配信される「ショーグン(原題)」のキャスト・真田広之もビデオメッセージを寄せた。彼は「カナダのバンクーバーにて、スタッフ・キャスト一同撮影に励んでおります」と近況を伝えた。

ディズニープラス スターは10月27日に提供スタート。

ディズニープラス スター コンテンツラインナップ

韓国

BLACKPINK THE MOVIE
「Moving」
「Rookies」
「Snowdrop」
「Grid」
「Kiss Sixth Sense」
「Outrun by Running Man」

日本

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
「拾われた男」
「ガンニバル」
「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」2022年に全世界見放題配信
「サマータイムレンダ」
「四畳半タイムマシンブルース」2022年に全世界見放題配信
「ディズニー ツイステッドワンダーランド」

インドネシア

「Susah Sinyal The Series」
「Virgin The Series」
「Wedding Agreement The Series」
「Jurnal Risa」
「Teluh Darah」
「Keluarga Cemara The Series」
「Tira(Jagat Sinema Bumilangit)」

グレーター・チャイナ

「正義的算法」
「珍シウ記」
「台北女子図鑑」
「慶餘年」
「小敏家」
※「珍シウ記」のシウはしょくへんに羞が正式表記

マレーシア

「Ejen Ali Season 3」

オーストラリア / ニュージーランド

「Shipwreck Hunters Australia」

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加