「ミスター千葉大学」結果発表 グランプリは修士2年の渡邊尚紀さん 院生初の快挙

「ミスター千葉大学」結果発表 グランプリは修士2年の渡邊尚紀さん 院生初の快挙

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/11/26

【モデルプレス=2022/11/25】25日、「千葉大学ミスターコンテスト2022」の結果発表イベントが行われ、エントリーNo.3渡邊尚紀(わたなべ・なおき)さんがグランプリに輝いた。

No image

(写真 : 渡邊尚紀さん(提供画像))

【写真】“日本一美しい女子大生”、ドレス姿で美デコルテ披露

総合国際学位プログラム修士2年、茨城県出身の渡邊さん。

モデルプレスのインタビューではコンテスト参加の理由を「部生時代から外部のインターンや留学などで、学内での学生生活に十分満足できること、いわゆる『学生らしさ』を堪能することができませんでした。加えて院生でのグランプリという新しい快挙を達成すべく、学生生活最期のこの年に大きく挑戦しようと思いました」と語っており、晴れて“初の院生ミスター千葉大”をつかんだ。

受賞にあたり「コンテストを終えて今の気持ちとしては、コンテストを通じて溜まってきていたプレッシャーや緊張から解放されたすっきりした気持ちがとても強いです。コンテスト中に知り合えた他大学のミスコン・ミスターコンに出場しているファイナリストに支えられたので、彼らを含め応援してくれた全員にお礼を言いたいです」と感謝。「審査におけるライブ配信は自分にとって新しいもので、始めるまではどうなることかと不安が大きかったのですが、いざやってみると本質的には人とのコミュニケーションであると感じました。コミュニケーションをとるという自分の強みも活かして、将来は老若男女問わず日本の社会課題に貢献できればと考えています」と今後に向けて意気込んだ。

また、準グランプリをNo.5大沢虎太郎(おおさわ・こたろう)さんが受賞。「率直に皆さんからの投票や評価が得られたことが嬉しいです。コンテスト期間中、SNS投稿だったりファッションショーやイベントごとがある度に応援してくれた両親と姉にはまず感謝を伝えたいです。毎日自分のことを何かしら世間に発信しなければならなかったのは、日々どこかでミスターコンに出場していることを考えざるをえず、日常生活の中でがんばっていました。今回活動を通して人の目に留まるような機会がたくさんありました。今まで自分は人の前に立つことがあまり得意ではなかったのですが、このような楽しい経験が出来るんだということを知ることができました。今後は自分から、どういう場面であれ積極的に表舞台に出ていく人間になろうと思いました」とコメントした。

なお、同日「千葉大学ミスコンテスト2022」の結果も発表され、グランプリをエントリーNo.1原田菜月(はらだ・なつき)さん、No.4畠山紬(はたけやま・つむぎ)さんがそれぞれ受賞した。

◆「ミスター千葉大2022」No.3渡邊尚紀(わたなべ・なおき)さんプロフィール

大学:千葉大学総合国際学位プログラム修士2年

出身:茨城県

誕生日:5月23日

趣味:料理

特技:スノーボード

好きな食べ物/嫌いな食べ物:たらこスパゲッティ/辛い物

好きな言葉(座右の銘):良識の範囲で常識を破れ

最近ハマっていること:焼酎水割り

◆「千葉大学ミス&ミスターコンテスト2022」開催概要

・コンテスト名:千葉大学ミス&ミスターコンテスト2022 supported by リゼクリニック・メンズリゼ

・メインスポンサー:リゼクリニック、メンズリゼ

・主催団体名:千葉大学Ms.&Mr.Contest実行委員会

・WEB投票開始日時:2022年7月10日10時

・MISCOLLE投票サイト:https://miscolle.com/chiba2022

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加