お粥やかき氷をフォトジェニックな空間で!鶏料理専門店「アンニョン」本八幡に開店

お粥やかき氷をフォトジェニックな空間で!鶏料理専門店「アンニョン」本八幡に開店

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/05/14
No image

千葉県市川市の本八幡駅徒歩3分の地に、5月9日(月)、鶏料理専門店「アンニョン(안녕)」がオープンした。同じく本八幡駅近くで伝統的な韓国料理と黒毛和牛焼肉が楽しめる「Korean Dining テジテジ」の2号店目となる店舗だ。

まるで韓国に旅した気分になれる空間

No image

鶏料理専門店「アンニョン」は、韓国から直輸入されているエクステリア&インテリアが、まるで韓国に旅したかのような気分にしてくれる、オシャレな韓国カフェスタイルの店だ。

「アンニョン」とは、韓国語でおはようございます・こんにちは・こんばんはの意味。朝夕関係なく挨拶語として使える言葉で、今回オープンした鶏料理専門店「アンニョン」でも、ランチ、ティータイムのカフェ、夜のレストランと3つの違ったシーンが楽しめる。

お粥ランチ&ティータイムには糸ピンス

No image

ランチのメニューは、「本日の海鮮お粥」1,200円(税込)や「チキンのお粥」1,000円(税込)など、国産のフレッシュな鶏肉を長時間煮込んだ鶏ダシスープがベースのお粥3種がメイン。

No image

また、ティータイムには、「糸ピンス ストロベリー」1,200円(税込)など、近年注目を集めている新感覚のかき氷糸ピンスが登場。

ピンスとは韓国語で「かき氷」のことで、その名の通り糸のような、細さ1ミリ以下の糸状の氷が何層にも折り重ね合わせられたもの。従来のかき氷の概念を覆すほどの、ふんわりと繊細な口どけが味わえる。

伸びるチーズが映える「UFOチキン」

No image

ディナーで食べられるのは、SNSでも人気を博した「UFOチキン」(1羽で約3~4名向け)3,800円(税込)。鍋の中心にはたっぷりのチーズがあり、ヤンニョムチキンやアンニョンチキンに絡めて食べられる。伸びるチーズが映えること間違いなしの一品だ。

そのほか、伝統的な韓国料理や焼酎も充実しているので、韓国料理好きなら早速チェックしてみては。

■鶏料理専門店「アンニョン」
住所:千葉県市川市南八幡4-6-16ビラヨーコソ2階
営業時間:11時~22時(ランチ11時~15時、ディナー17時~22時)
定休日:日曜日
「アンニョン」Instagram:https://www.instagram.com/annyon_motoyawata/

fukumoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加