【卓球】15歳の松島輝空と14歳の張本美和がジュニアのシングルス5回戦へ進出

【卓球】15歳の松島輝空と14歳の張本美和がジュニアのシングルス5回戦へ進出

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

ジュニア男子4回戦の第3セット、打ち返す松島(撮影・宮地輝)

<卓球:全日本選手権>◇第3日◇25日◇東京体育館◇ジュニア男女シングルス4回戦

今大会の混合ダブルスでペアを組み、4回戦まで進んだ男子の松島輝空(そら、15)と女子の張本美和(14=ともに木下アカデミー)が、ジュニアのシングルスで5回戦に駒を進めた。

混合ダブルスでの奮闘から一夜明け、松島は4回戦で持田陽向(愛知・愛工大明電中)を3-0(11-5、11-7、11-9)で圧倒。張本も狩野琴春(埼玉栄高)を3-0(11-9、11-3、11-5)で下した。

ジュニア男女シングルスは25日に4~5回戦と準々決勝が行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加